イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
函館湾を望む坂道。
今回の旅行で借りたレンタカーはトヨタのラクティス。
素直な操舵感で変なフワフワ感とか無くて運転しやすかった!
20160913_25.jpg


7月24日。北海道2日目。
函館朝市からスタート。カニいっぱい。
20160913_21.jpg


昨日、ホテルにチェックインしたときに貰った朝食券は、
「ホテル内のレストラン」または「函館朝市の提携店の朝定食」
のどちで使ってもOK、というものでした。


せっかくなので朝市で朝食を頂くことにしました。
海鮮丼うまー。特にイクラに感激。イスチ妻とyuiさんは鮭ハラス焼き定食。
20160913_22.jpg


朝食後は夕張メロン生搾りジュース300円。
20160913_23.jpg


さて、昨日霧で断念した函館山に再チャレンジしてみましょう。
ケーブルカー乗り場の隣に無料駐車場があったので、
そこまでレンタカーで向かってみます。


道中、市電の「函館どつく前停留場」に立ち寄り。
昨日見た「谷地頭停留場」より更に簡素な端っこにクラクラ。
イスチ妻とyuiさんを車で待たせ、ひとり函館の端っこで身悶え。
20160913_24.jpg


今日も山頂付近に霧があるようでしたが、間もなく函館を離れるので
とりあえずケーブルカーに乗ってみます。手帳提示で割引が利くし。


とりあえず山頂はこんな感じ。何も見えません(笑)。
20160918_2.jpg


予想通り霧だらけでしたが、山頂のお土産屋さん(かなり広い)で
雑貨類をダラダラ見ていると、運よく一瞬霧が晴れました!
20160918_3.jpg


帰りのケーブルカーは我々3人で貸し切り。
yuiさんもイスチ妻のiPhoneで撮影しまくり。
20160918_4.jpg


さて、今夜は洞爺湖で宿泊です。
車で3時間弱くらいのはずですが、函館で結構時間を使ってしまいました。
先を急ぎましょう。函館の市電には、もう一箇所「湯の川停留場」という
ところでも線路の端っこが見られるはずですが、涙を呑んでスルー。
20160918_5.jpg


道中、こちらの牧場に立ち寄り。
大沼公園の近くの山川牧場ミルクプラント。
昼ごはんのスポットを探しながら行き当たりばったりで発見。
20160918_6.jpg


生まれたばかりのジャージーな娘さんこんにちは。かわゆす。
20160918_7.jpg


円熟のホルスタインなおっぱいさんこんにちは。エロす。
20160918_8.jpg


ソフトクリームを頂きます。
濃厚なコク!そして喉越しすっきり!素晴らしい!
20160918_9.jpg


そして、ここから数百メートルの山川牧場モータウンファクトリーに移動。
牧場の中の小さな建物。こちらでランチを頂きます。
本当はランチ後にソフトクリームを食いたかったのですが、まぁいいか。
20160918_10.jpg


ローストビーフサンド!軽くトーストされたパンにぎっしり!
こちらの牧場で餌からこだわって育てられた肉牛の赤身。
やわらかくてジューシー!
20160918_11.jpg


さて、お腹を満たしたら先を急ぎます。
ここからはイスチ妻が運転。海沿いの国道5号を延々と北上。
ほぼ並走する高速道路(道央自動車道)もありましたが、
下道でも信号とかほとんど無くて、超スムーズに移動できました。
20160918_12.jpg


ホテルに到着。
今回の旅行で唯一の、大きめのリゾートホテル。
20160918_13.jpg


客室からの眺めの素晴らしさに感嘆。鏡のような湖面。
1階ラウンジや浴室などの共用スペースは改装が入ったばかりで、
最新の和風モダンなイメージでリニューアルされていましたが、
客室は昭和そのものな雰囲気。
ちょっとタバコ臭がしたのは残念。窓も開かないし。


あと、スーパーファミコンが置いてあったのに笑いました。
無料でプレイできるわけではなくて、要テレビカード購入。
夕食前に入浴できるかどうかギリギリのタイミングで
「やってみたい!」とぶっ込んでくるyuiさんに失笑。
20160918_14.jpg


浴衣に着替えて1階に降りたときには、夕食までほとんど時間が
無かったので、イスチだけサクっと入浴。
翌朝にものんびり入浴しましたが、露天風呂から暮れゆく洞爺湖も
眺められて良かった♪


バイキング形式の夕食のメニューもやたら豊富。
塩辛じゃがバターがしみじみおいしい。
20160918_15.jpg


夕食の後は、ホテル内のレジャープールへ。
水上ソファのような巨大なフロートも使い放題。
ウォータースライダーもある!
正直、おなかいっぱいで若干くるしい(笑)。


そして洞爺湖名物のロングラン花火。
ゴールデンウィークから10月末まで毎日やっているそうです。
各宿泊施設から均等に見られるように、
小さなボートが高速移動しながら打ち上げていく様に感心。
北海道の夏の夜は涼しくて気持ち良い。
そして、花火と満天の星空が同時に楽しめるレアなシチュエーション!


なんかやたら忙しく過ごした一日でしたが、
ここまで振り切ってくれると、逆に清々しい(笑)。
20160918_16.jpg
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード