イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
先っちょもっこり。
20160612_3.jpg


2016年の春の食事を振り返り。


今年の2月に始まった、豚バラ肉と野菜の蒸し焼きブームが個人的に継続中。
全然飽きません。


豚バラ肉から滲む適度な脂で、
そのときどきの、新鮮で安価な野菜を大量に食えるのが幸せ。


野菜ごとの加熱時間の差を考慮しなくて良いのがラクチン。
加熱しすぎて汁が煮詰まって味が濃くなったりしないのも良い。


そろそろシーズン終わりの春菊うまー。3月6日。
20160612_1.jpg


職場の最寄り駅前のショッピングビルのパン屋さんの前に、
こじんまりとした鎌倉野菜の売り場があるのを見つけました。


赤い大根。200円。
レディーサラダってヤツなのか?ちょっと自信なし。
20160612_7.jpg


縦に半分にカットしてまるっと投入。
コンビーフとさつま芋も合わせても、全部ポン酢味で頂くのです。
3月14日。
20160612_8.jpg


同じく鎌倉野菜。黒いカブのようですが、これも大根だそうです。
20160612_2.jpg


中身は白いんですね。
味わいは大根とカブの中間みたいでおいしゅうございました。
3月18日。
20160612_9.jpg


野菜売り場では良く見かけるものの、
なぜか買ったことの無かった豆苗。
20160612_10.jpg


「再生栽培できます!」というのが売りのひとつで、
逆に言うと再生栽培しないで捨てると「負けた感」が付きまといそうで、
なんとなく敬遠していました(笑)。


しかし、再生栽培にチャレンジするのです。
2日目に発芽を確認したら、その後はグングン伸びる一方。
なかなか楽しい。一応、水は毎日換えました。
20160612_11.jpg


11日目に収穫。かなりモサモサ。
20160612_12.jpg


鶏ムネ肉と人参その他と一緒に蒸し焼きに。
再生栽培した豆苗、火を通しても意外と固い(をい)。
4月12日。
20160612_13.jpg


↑でも出てきましたが、今年の書き初めにも書いた
「鶏ムネ肉」は蒸し焼きとの相性もなかなか良いです。


春キャベツとしらすを鶏ムネ肉にぶつけてみます。
20160612_4.jpg


固まりのまま加熱したキャベツにちょっと焦げ跡が付く様は、
なかなかフードポルノ的にエロいです。
4月2日。
20160612_5.jpg


再び鶏ムネ肉と野菜まみれの蒸し焼きのセッティング完了。
20160612_17.jpg


いつものポン酢味でも良いのですが、
モランボンのトマト煮ソースを試してみます。
20160612_16.jpg


加熱する前に肉の上から全量流し込むだけの簡単調理。
ニンニクやみじん切りの玉ねぎを丁寧に加熱しないと出てこない
あの香ばしい風味も簡単に楽しめます。
もちろん、鶏ムネ肉との相性もバッチリ。
5月11日。
20160612_18.jpg



基本的に肉はその日に食い切れる量しか買わないので、
冷蔵庫にはビールとポン酢と紙パックのワインしか入れてません。


しかし、気がつくと霜が凄いことになっていたので。。。
20160612_14.jpg


霜取り完了。
20160612_15.jpg


網戸にも。。。
20160612_19.jpg


ホコリが大量に溜まっていたので。。。
20160612_20.jpg


拭き取り完了。スッキリ。もうすぐ夏ですね。
20160612_21.jpg
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード