イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
もともとは東海テレビ製作のドキュメンタリー番組だそうだ。



3月19日。
まずは若葉町の映画館ジャック・アンド・ベティへ。


ジョエルさんと合流して映画「ヤクザと憲法」を鑑賞。
愛知・岐阜・三重の3県のみで放映されたドキュメンタリー番組が、
大きな反響を呼んで全国のミニシアターで上映されるに至った、
という面白い経緯を持つ作品。


予告編では割と派手なシーンばかり集められていますが、
本編のメインは、おじさん達の普通すぎる共同生活を必要以上に
近接した視点で捉えた、なんとも気まずい時間(笑)。


ヨネスケさんが無言で「隣の晩ごはん」を取材に行って、
よその家の中でカメラをブンブン回して、ただその映像を垂れ流すような、
なんともレアな体験。


「次に何が映しだされるのか」というのが全く予測不可能なので、
非常に集中して映像に没頭できました。
そして時々「電波少年」的なシチュエーションも有りつつ。


ただ、本作品のもうひとつの柱である、山口組の顧問弁護士の
山之内幸夫さんの密着映像は、非常に見応えがありました。


「一個人としての覚悟」の下、非常に大きなリスクを背負いつつも、
目の前の仕事をただプロフェッショナルに遂行するひとりの弁護士。
過払い金云々の案件より、よほど弁護士の本懐だろう。
そんな気がしました。
20160413_1.jpg


そしてその後はジャック・アンド・ベティのお隣の横浜パラダイス会館へ。
月イチの肉食い放題イベント。
20160413_2.jpg


ガウジイより「ずっと渡しそびれていた」というブラジル土産を頂きました。
リオデジャネイロのコルコバードの丘のキリスト像のキーホルダー。
ありがとうございます!
20160413_3.jpg


毎度恒例の怒涛のクオリティの肉を、わんこそば状態で満喫。
ご馳走様でした!
20160413_4.jpg


そして最後にすぐ近くのnitehi worksへ。


この日はポールダンスとエアリアルショーが行われていたようですが、
残念ながらパフォーマンスは既に終了。
しかし、ライトペインティングは引き続き行われていたので、
カクテルを舐めながらまったり鑑賞。
20160413_5.jpg


ライトペインティングというのは、OHPと液体を使った映像表現のこと。
OHPとは、むかし学校の授業でスライドを映し出すのに使った、
オーバー・ヘッド・プロジェクターの事です。


通常であればスライドを置く位置に深さの浅い透明なトレーを置き、
そこに色の付いたインクやオイルを少しずつ流し込み、
その場限りの色の混じり具合で構築する視覚表現。
デジタルでは成しえない、奥行きと透明感に満ちた映像体験。


昨年10月の舞台「宮城野」でも、このライトペインティングが
芝居とリンクして力強く表現されていて非常に印象に残りました。


この日はOHPを2台使っていましたが、3台並べて使ったり、
より強力な明るさを持つOHPを使ったりもするそうです。


普段はどんなところで映し出すことが多いんですか?とか
(ライブハウスなど、音楽との共演が多いらしい)、
このOHP1台あたりの消費電力は?とか(400Wらしい)、
酔っ払いの適当な質問にも丁寧に答えて頂き感謝しきりなのです。
20160413_6.jpg


尚、ここnitehi worksは、ビルオーナーとの契約終了の為、
3月いっぱいでcloseしてしまうとの事。


自分が横浜で暮らし始めて間もない2010年の年末にこの場所を知り
何かイベントがある度にお邪魔させて頂いてきました。
「あなたの知っている横浜らしいスポットは?」と聞かれたら、
間違いなくここを答えると思います。


能天気すぎず、ひたすら自由で、文化的なライブ感に満ちた空間でした。
同じ横浜の若葉町のジャック・アンド・ベティと、横浜パラダイス会館を
含めた小さくて濃厚なトライアングルが、ここ数年間の自分にとっての
遊び場でありかけがえのないメディアだったのかな、と思います。


何はともあれ、お疲れ様でした。
そして次のフィールドでのご活躍に期待しております!
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード