イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
毎年恒例の私設音楽自由研究課題。


今年で12作目。 まだまだ続けます。
今回は、音数少なめ。シンガーソングライターものが多め。
8曲目は13分25分の交響詩なのでトータルで43分くらい。
40分超えたのは初めてと思われ。


1. MONKEYHILL SESSION MARTER TOSHIZO AKIRA/ A PLACE FOR LOVE
2. SOKO/ First Love Never Die
3. oval/ CINEMATIC
4. 長野友美/ ミノタウロス
5. Judee Sill/ That's The Spirit
6. Harry Nilsson/ Coconut
7. 高野寛/ Free
8. 板橋文夫with神奈川県フィルハーモニー管弦楽団ft. 金子友紀/ 交響詩「渡良瀬」~ピアノと民謡と管弦楽のための


●Track1:MONKEYHILL SESSION MARTER TOSHIZO AKIRA/ A PLACE FOR LOVE
 「Monkeyhill Session」より(2014年)


今年2月24日の横浜のライブで初見でした。
鶴屋町のGrassrootsにて。
全員日本人の男性でしたが、それぞれバークリー音大卒だったり、
音楽活動の拠点が海外だったり、そんな感じの人たち。
演奏もPAも含め、とにかく「音の良さ」が印象に残ったライブでした。


ライブ会場でCDを一枚購入。今回選んだ曲は、そのCDの一曲目。
甘くスモーキーな声は、マーテルさん。ベースを弾きながら歌うスタイル。
間奏~2コーラス目で抒情的に響くヴィブラフォンは山本祐介さん。


●Track2:SOKO/ First Love Never Die
 「I thought I was an alien」より(2012年)



Youtubeのオススメリストを何となくクリックして気に入ってしまったパターン。
ジョニ・ミッチェルさんとかを聴いていた流れでオススメに流れてきたので、
結構古い世代のシンガーソングライターなのかな?と思ったのですが、
まだ20代の人でした(笑)。


フランスのボルドー生まれで、現在はLAを拠点にしている?ようなのですが、
シンガーソングライターの他に女優業もやっているようです。


今回選んだ曲のPVの監督も、彼女自身がやっているようです。
主役の女の子と長髪の男の子との距離感の捉え方が、いかにも女性らしい。
2人を正対させて無駄にアイコンタクトを取らせると、
きっと大林宣彦さん風味になってしまうでしょう(笑)。


この曲の他にも、曲のタイトルに「kill」とか「Dead」とか「Nervous」などのワードが
散りばめられているところとか、なかなかメンヘラチックで良い感じです。
今後の活動からも目が離せません!
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード