イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
これは?
20140316_1.jpg


1月13日。東神奈川駅前の「かなっくホール」。
20140316_2.jpg


今日は、こちらで紹介した、いつも旨いブラジル炭火焼肉を食わせてくれる
ガウジイこと伊藤修さんの講演会が行われるというので来てみました。
連続企画で今回は2回目らしいのですが、イスチ的には初めて。
今回の講演タイトルは「豊かな生死」。
20140316_3.jpg


いつものように最前席に陣取ります。


講演会の前にライブ演奏。
なんと、全部のアーティストさんが即興演奏。
一組目が徳久ウィリアムさんという男性ヴォイスパフォーマー。ホーミーとか口琴とか。
二組目が林隆史さん。リアルタイムオーバーダビングを駆使したソロギター演奏。
三組目が写真の蜂谷真紀(ヴォイス)さんと瀬戸尚幸(ベース)さん。
無料の興行で3組もの尖りまくりのミュージシャンの演奏を聴けてトクした気分。
しかも、こういう音楽を公共のホールで聴けちゃうのがすげー。
20140316_4.jpg


そしてガウジイ登場。スーツを着て「伊藤さん」モードですが、キマってます。
20140316_5.jpg


話の内容は、メモした範囲では下記の通り。


・20代のときにアマゾンに渡った。もともと美大の出身。
・最初に住んだ街はアマゾン川の河口の人口150万人の都市「ベレン」。
・そこで博物館?に展示するアマゾンの魚類の彫刻を作ったり(本記事のトップ画像)。


・アマゾンの原生林は実は歩きやすい。深海の底のよう。安定した生態系。
・アマゾン川流域に住む生物は多種多様だが、昆虫の種類は1万種以上。世界の1/3。
・木の高さは50m。3年で20mまで伸びる。動物は樹上生活。
・原生林の土壌は50cmしかない。その下は砂。
・土地はやせている。土地ができる前に森ができる。森そのものが土壌。
・地面が無くても育つような水耕栽培。
・高木が倒れると、土が太陽に晒され再生林ができる。
・再生林は植物のサバイバルレース。多様な植物が日照を求めて必死に成長する。
・再生林はツタの絡まる映画「ランボー」の世界のようなわかりやすいジャングル。
・しかし、木を大量に切るとすぐに砂漠化する。
・砂浜を裸足で歩くと「スナノミ」というノミに足の裏を刺されて卵を産み付けられる。
・アマゾンの原住民が体に油を塗るのは防虫目的。


・アマゾン川流域の三日月湖で単独サバイバル生活も行った。
・テント生活。ライフルと拳銃も携行。レモンも数個持って行った。
・早朝5:30-6:00と夕方17:30-18:00は蚊がすごい。
・上記の時間帯にトイレに行きたくなると最悪。目とお尻は無防備。
・ある日にうっかり日光浴して酷い日射病になった。食欲も無くなった。
・長時間寝込んで目覚めた夜、テントの周りが光の粒と水の跳ねる音に包まれていた。
・湖上を飛ぶ無数のヒカリコメヅキとそれを捕食する為に魚がジャンプする音だった。
・命の噴射口を見るようで、涙が溢れた。
・レモンをかじったら急に食欲が戻った。


・アマゾンのような広大な地域もあれば都市もある。地球の時間軸はモザイク。
・人と人の間を自然が支配していると、「祈り」が生まれる。


・80年以上前に日本人がアマゾン川流域への移民を開始した。
・アマゾンでずっと同じところに住むのは日本人だけ。まったくの島国根性。
・従来の焼畑農業のやり方だと連作できず、移動しながらの農業。そして砂漠化。
・移民した日本人は、同じ土地にいろいろな物を植えた。試行錯誤の結果、成功した。
・コメ、バナナ、カカオ、時期をずらしていろいろ収穫できるように。
・これを「アグロフォレストリ(森林農業)」という。人間に都合の良い原生林。
・最初は土づくりをしようとしていたが、生態系を作らなければダメだった。


・今の日本の各自治体の市役所にある国際交流課の前身は移民課だった。
・かつての出稼ぎの窓口は、移民の開拓の歴史を理解しネットワークを作れているか?
・そんな中、農水省の海外日系人農業者との連携構築の為の視察の企画を知り応募。
・応募の為の企画書が採用され、もうすぐブラジルに出発します!


すごく表層的でドライな感じのメモですが、
個人的な記憶を必要なタイミングで呼び戻す為にブログに記しておきます。
とにかく素晴らしい講演会でした。


帰りに講演会の受付カウンターで売られていた雑誌を買って帰ります。
中南米マガジン。2009年10月発行の号です。
中南米マガジンを買うのって、2009年のこのとき以来だな。。。


表紙は伊藤さんの息子のラファエルさん。
モデル、ファッションブランドのプロデュース、画家、と多才な人。
20140316_6.jpg


ガウジイの寄稿。
20140316_7.jpg


裏表紙には、昨年まで9年間開業していたお店「ガウシャ」の広告が。
きっと何か格好いいことが書いてあるに違いありません。
20140316_8.jpg


駄洒落でした(をい)。


第3回目の講演会は、4月20日に開催予定との事。
早速予定に入れておきました♪
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード