イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
「あなた」サンダル。
20140107_1.jpg


11月10日。nitehi worksに遊びに来ました。


この日は、「バカワネガコ展」という名の展示会の最終日。
20140107_3.jpg


nitehi worksのある界隈を「若葉(ワカバ)町」といい、
大岡川を挟んだ川向こうを「黄金(コガネ)町」といいます。
「ワカバ」と「コガネ」がくっ付いてひっくり返って「バカワネガコ」なのです。
なんでくっついてひっくり返ったのかについての説明は省略します(をい)。


この展示会のテーマは、「アップサイクル」だそうです。
「使う人との関係性」で価値が上がるリサイクル。
だから「アップサイクル」という意味合い。


この日の1Fフロアはこんな感じ。
天井からぶら下がっている無数の水色のドーナツも展示物。
20140107_2.jpg


各出展者による展示作品の説明を聞けるチャンスがあったので、一通り拝聴します。
20140107_4.jpg


大岡川の水辺をオープンにしていくことを目的としたコミュニティの「水辺荘」の展示。
ビーチサンダルに彫り込まれた文字に、「動的平衡」という言葉があったのですが、
その辺にこの展示のコンセプトのヒントがありそうです。
20140107_14.jpg


こちらのミニコンポの絵が印刷された段ボールは。。。
20140107_5.jpg


プロダクトアーティストの井上薫さんのダンボールを使った作品。
箱の中にはポータブルCDとかアンプとかが入っています。
あと、触れている物体をスピーカーの振動板代わりに使えるアクチェータも入っていて、
段ボールがタダの箱ではなく、段ボールそのものが音を出す機能に貢献しています。
これの他に、段ボールスツールとか、段ボールライトなんかもありました。
20140107_6.jpg


こちらの新聞紙バッグは。。。
20140107_7.jpg


しまんと新聞バッグ」というプロジェクトがあり、
公式の作り方みたいなものがあるそうです。
↑の新聞紙バッグは、そのルールを踏まえて展示会の会期中に行われた
ワークショップの作品達(多分)。


「しまんと」は高知県の四万十川の事で、
「四万十川流域では、商品はすべて新聞紙で包もう」という活動があるそうです。
水位変化の激しい四万十川で、増水して水が引いた後に木の上などに残るビニール類が、
景観上問題になっているそうで、その主な原因となるコンビニバッグ等は、
水に溶ける新聞紙に置き換えましょう、という試み。
この活動は、書籍化↓もされているそうです。
20140107_9.jpg


こちらが、「オール新聞紙」の肝となる取っ手部分の構造。
品質にバラつきがでないように標準化されているんですね。
20140107_8.jpg


屋上はペットポトル灯篭でロマンチックな雰囲気。お一人様ですが。
20140107_10.jpg


その後1Fに戻って。。。
出展関係者でもないのに何故かこの展示会のクロージングパーティーに参加(ゑ)。
20140107_11.jpg


パーティーの食事は、ケータリングによるテリーヌ三昧!すげー。
まぁ、一応参加費は払っているのですが、どう考えても格安です。
20140107_12.jpg


場内には、特設ラムバーも。
「よこはまラム推進委員会」というものがあるらしい(笑)。
ラムのアイスコーヒー割りをチョイス。飲みやすい!これは自宅でもマネしたい!
ラムはLEMON HART originalという銘柄
20140107_13.jpg


先に写真を載せたテリーヌは、
「FOOD LANDSCAPE」というフードデザインチームのもので、
これも「アップサイクル」のコンセプトに則った展示というか作品。


「食材」を「料理」にすること
そのプロセスがアップサイクル。


同じ形のテリーヌとして出来上がった料理には、
名前がありません。
たくさんの食材が形を変えて、味になります。
材料、原料を想像しながら食材の変化をお楽しみください。



テーブルには、上記の言葉が書かれたカードがさり気なく置かれていました。
カリスマ主婦自己研修中の身として、興味深過ぎです。


それぞれのテリーヌに名前が無い代わりに、
傍らに加工前の材料とその名称を列記したカードが置かれています。実に素晴らしい。
「過剰に具体的な情報フェチ」的にも悶絶です。


ナンブ小麦、キタカミ小麦(岩手県産)、オーガニックココアパウダー(ココアバター10~12%含有)、第一リン酸カルシウム、炭酸水素ナトリウム、コーンスターチ(遺伝子組み換えでない)、アーモンド、国産大豆、大麦、食塩、食用こめ油、有機レーズン、てん菜(ビート)、生乳、ジンジャー、ブラックペッパー、カルダモン、ブラックカルダモン、シナモン、ナツメグ、月桂樹、バレリアン、クローブ、クローブリーフ、三温糖、レモン、ベイリーフ、シナモンシティック、人参、砂糖、りんご、夏みかん、すだち、自家製ペクチン、川中島白桃、白ワイン、梅実、醸造アルコール、蜂蜜。
20140107_15.jpg


米、砂糖、塩、こんぶ、アルコール、酒粕、桜海老、たまご、鮭、食用菊、白ごま。
20140107_16.jpg


人参、玉ねぎ、生姜、セロリ、セージ、タイム、胡椒、実山椒、クローブ、合い挽き肉、パン粉、たまご、塩、豚肉、ピスタチオ、大豆、小麦、食塩、米、酒粕、もち米、米こうじ、糖類、醸造アルコール。
20140107_17.jpg


写真左が。。。
キドニービーンズ、鶏肉、クリームチーズ、赤キャベツ、砂糖、酢、塩、白胡椒、アーモンドプードル、落花生(千葉県産)、ジャガイモ、赤米、黒米、ビーツ、レモン、オリーブオイル、からし、白ワイン、香料、酸味料、亜硫酸塩、無漂白小麦、水、植物油、マーガリン、食塩、膨張剤、イースト、グァーム、米粉、プロピオン酸Ca、リン酸、L-氏ステイン塩酸塩。


写真中央が。。。
キャベツ、ズッキーニ、パプリカ赤・黄、レディーサラダ、いんげん、おくら、人参、サツマイモ、アボカド、クリームチーズ、オリーブオイル、レモン、塩、ネギ、ごぼう。


写真右が。。。
人参、玉ねぎ、生姜、セロリ、セージ、タイム、胡椒、実山椒、クローブ、食肉(馬肉・牛肉)、牛脂、加工油脂、食塩、ゼラチン、寒天、香辛料、カゼインNa、調味料、ビタミンC、亜鉛酸Na、鶏肉、塩、カシューナッツ、アーモンド、くるみ、大豆、小麦、米、酒粕、もち米、米こうじ、糖類、醸造アルコール。
20140107_18.jpg


これだけの種類の野菜を洗ったりだとかの下処理を想像すると気絶しそうですが、
それぞれのテリーヌを味わいつつ、口頭ではなく文字で、
こういう食材の名称の洪水に没頭するのは個人的に非常に楽しいのです。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード