イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
台風サーファー。
131223_1.jpg


10月26日。11時に江ノ電の極楽寺駅前に集合。
台風上陸が危ぶまれる中、昨年5月に続き、再び「インド時間」に参加。
でも、どうにか暴風雨は免れたようです。
131223_2.jpg


ちなみに、今回の参加者は12名。イスチさん以外の11名は女性。
しかし、アウェイ感は微塵も感じません。
ちなみに、リピーターはインド時間の開催5回目にしてイスチさんがが初めてとの事。


アナンさん宅にお邪魔するのは、今年7月のこのときに続いて3回目。
相変わらず建具ハーレムな縁側。
131223_4.jpg


前回のインド時間と同様、有り難いアナンさんのお話を聞いた後は、
お楽しみのバラッツさんのランチプレート。
ライスに加えムングダールも添えてあってボリュームたっぷり。
131223_3.jpg


15時。鎌倉の住宅街の狭い路地を通って宿に移動。雨もやみました。
131223_5.jpg


ゲストハウス「亀時間」に到着。
131223_6.jpg


まずは部屋割り発表。ドミトリーに割り振られました。
131223_16.jpg


このドミトリーは6人部屋。イスチさんはベッドの上段。
一応、生成りの天蓋で最低限のプライバシーは確保できます。
131223_7.jpg


ベッドに荷物を置いたら、ダイニングでハーブティーを頂きます。
131223_8.jpg


ナツメヤシの果物「デーツ」をつまみながらラクシュミさんのアーユルヴェーダ講座。
131223_9.jpg


前回同様、体質診断のアンケートに記入していったら、
やっぱりピッタ(火)のドーシャ(体質)でした。


この後は、自分のドーシャを踏まえつつ、
味の種類(ラサ)や、3つの心の質(トリグナ)、
そして季節、時間帯がドーシャに与える影響についての講義。


例えば、ある季節の健康状態は、その一つ前の季節の食生活の影響を受けるそうです。
秋から冬はカパ(水)の蓄積に関係が深く、
この季節にカパの質である、甘いもの、お餅、油っこいものを多く摂りすぎると、
翌春の花粉症の悪化に繋がる、など。


そして、アーユルヴェーダでは「何をどう食べるか」と同じくらい、
「どう消化して」、「どう排泄するか」が重視されるという事。
潰瘍性大腸炎持ちの自分がアーユルヴェーダに関心を持つのは、
多分この辺の理由なのです。


そして、参加者同士で手や頭皮をオイルマッサージをしてリラックス。
ちなみにイスチさんのマッサージ相手は、亀時間の男性のオーナーさん。


すっかり緩んだところで前回同様、「清水湯」へ。
131223_10.jpg


そしてお楽しみの夕食キターーー!!!
131223_11.jpg
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード