イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
これは?
131205_1.jpg


久しぶりに本を買いました。「タイポさんぽ」という本。
立ち読みして衝動買い。
131205_2.jpg


グラフィックデザイナーである、この本の著者の藤本健太郎さんが、
町歩きの中で見つけた味のあるタイポグラフィ(活字)の数々と、
そこに添えられた愛に満ちた解説文。


看板屋さんが手作りで拵えたアクリル看板や、
施設管理者がせっせとしたためたステンシルの注意書き。


今、新規に作られるブランドロゴや街の看板などは、
既製書体をDTPソフト(イラストレータなど)を使い、
美しく無難に文字組みされていると思います。


しかし、この本に載っている愛すべきタイポグラフィは、
パソコンやコンビニが生活や街を支配する前の、
昭和の街に暮らしていた人々の「個々人の勝手な美意識に基づくモダンへの気概」
のようなものを感じさせ、その圧倒的な熱に感動したり、
ちょっと空回りする滑稽さにゲラゲラ笑えたりするのです。


そして、それらが今、少しずつ無表情なものに塗り替えられているのです。
そこに危機感を感じる著者の藤本さんの着眼点も凄いのですが、
なかなか面白い町歩きの視点を得ることができました。


埼玉県川口市で行われたという、藤本さんの「タイポさんぽ」ワークショップ。
ユルユルで面白そうですな。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード