イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
♪ア・ス・タ キーサンチン(あ・き・の インディケーィションの節で)←ツライ。



秋を意識しながら作ったメニューを振り返ります。


今年の夏は、積極的にニンニクや生姜を食べていました。理由は2つ。


1つは、体を温めて冷房に耐える為。
2011年の夏は、震災後の影響でオフィスの冷房は控えめで快適でしたが、
今年はすっかり例年通りの効き具合に戻ってしまいました。
ワンルームマンションのエアコンは、昨年までカビ臭くて使用していなかったのですが、
管理会社にクレームを付けて今年の6月に新しいものに交換してもらったので、
例年より積極的に使って、冷房の無い状態に慣れすぎないように気を付けました。
人並みに暑がれるように。


もう1つは、暑さ故どうしてもたくさん飲んでしまう水分を積極的に排出する為。
翌日に飲む大量の水分がもたらす「新鮮な冷え」を活用できるように準備する為。


でも秋になったら体を無理に温めず、
秋らしいダイナミックな気温の変化をニュートラルに楽しみたいのです。
そして、せっかくだから秋らしさを楽しめる食材を。
ついでに抗酸化作用もあれば尚良いのです。


8月30日。鮭のちゃんちゃん焼き。今年の秋は、このレシピを繰り返し活用しました。
でも、ニンニクは省略。野菜はキラいなキノコ以外を適当に。
カボチャと鮭と味噌の組み合わせ、結構ハマりました。
20131030_1.jpg


9月12日。チリ産サーモントラウト(養殖・解凍)のちゃんちゃん焼き。
これも、味噌大匙3、酒大匙2、みりん大匙1、醤油小匙2、砂糖大匙2のタレ。
20131030_2.jpg


9月22日。しぶとくちゃんちゃん焼き。やっぱり北海道の生秋鮭の方がなんか嬉しい。
少し高かったので、厚揚げで姑息にボリュームアップ。
レンコンやアスパラなども容赦なく活用。
20131030_3.jpg


9月28日。生秋鮭が半額で手に入ったら無条件でちゃんちゃん焼き。
20131030_19.jpg


ピンク色の身と、イタリアンパセリの対比もキレイ。
このピンク色は、アスタキサンチンなんだと。
20131030_4.jpg


10月5日。さんまも買ってみました。
20131030_5.jpg


サンマのトマト煮。さぁ、白ワイン飲むぞー。
20131030_6.jpg


10月6日。鮭の白子が手に入りました。しかも格安で。
20131030_7.jpg


湯引きしてみます。熱湯で反り返る白子がエロい。
20131030_8.jpg


秋鮭白子のバター醤油焼き。レシピはこちら
小麦粉付けすぎたせいで、鍋にくっ付いて大変でした。でもウマい。
20131030_9.jpg


秋鮭の白子ポン酢。やっぱこれでしょう。インフィニティうまー。
20131030_10.jpg


10月10日。真たら買いました。
20131030_12.jpg


ゆりねも買いました。高級野菜がヤケクソ価格で見切り処分されていたら、
とりあえず買ってみるのです。そして、意地でも使い切るのです。
20131030_11.jpg


ゆりね洗いました。
20131030_13.jpg


ゆりねほぐしました。
20131030_14.jpg


真たらのホイル蒸し・百合根と絹さやとクコの実餡掛け。
我ながらややこしい組み合わせ。味付けは白だしメイン。
20131030_15.jpg


10月24日。食用花が10円だったのですかさずゲット。
20131030_17.jpg


生秋鮭のちゃんちゃん焼きの食用花トッピング(笑)。
さらに70円のゴーヤも加勢して、謎のトロピカル感を醸しだすことに成功。
バジルのような青物は、同じく見切り品60円のセルバチコ。
ルッコラのような見た目と風味。
20131030_18.jpg


鍋をコンロから下ろし、食用花を見た目を考慮しながらレイアウトしていたら、
なんとなく納棺の際の「おくりばな」を思い出したのは秘密です。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード