イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
3日遊べる1泊旅行。



8月18日。


このときもご一緒したyuiさんの幼稚園時代のお友達のご家族と一緒に、
熱海のリゾートホテルに1泊2日旅行に来たのです。
翌日の19日は平日だったのですが、お盆休みを返上してこの日を有休にしたのです。


「ニューアカオ」というホテル。
yuiさんのお友達のお父さんのチョイスですが、初めて来ました。
ロビーからの眺め。すげー。
131002_1.jpg


ちなみにこの建物、ロビーとエントランスは最上階にあります。
崖に沿って建っている感じですね。
131002_4.jpg


今回の旅行で個人的に最も楽しみにしていたのが、
「昭和ゴージャス建築」です。ロビーの天井も凝り凝りです。
1973年開業らしい。ちょうど40年ですね。
131002_2.jpg


ゲームコーナー。吹き抜けに被さる、妙な曲線の手すりがタマりません。
131002_23.jpg


30分ちょい遅れて、お友達家族も到着。海に繰り出しましょう。
131002_3.jpg


宿泊客専用のマイクロバスに乗って、2~3分でホテルのプライベートビーチに到着。
ビーチまでは結構下ります。12時45分。
131002_5.jpg


リゾートホテルのプライベートビーチなので、雰囲気は独特です。
小さい子供がいるファミリーが多め。
ナンパ目的の若者や、徒党を組んで遊ぶ合宿中の運動部員とか居ないのでマッタリ。
131002_6.jpg


ちなみに↑の写真のyuiさんの顔をトリミング。
水中メガネを頭に付けています。12時52分。
131002_7.jpg


12時53分。
はい、もうありません。しゅーりょー。
写真を撮ってるときには波に流されたことをイスチも気付きませんでしたが、
海についてたった8分で水中メガネを紛失してしました(爆)。
と同時に、今年買ったばかりだという浮き輪も空気漏れが発覚し、
観光地料金の浮き輪レンタル(0.1諭吉)を利用するハメになりました。。。
131002_8.jpg


まぁ、でも楽しんでくれているようなので良かったです。
131002_9.jpg


夕方になり、潮が満ちてきたのでビーチのすぐとなりにあるプールに移動。
イスチ妻が念のため落し物コーナーに確認したところ、
なんと波にさらわれた水中メガネが落し物として届けられていました!
ラッキー、というか治安のいいビーチなんですね。15時21分。
131002_10.jpg


ホテルに戻り、今夜泊まるお部屋でちょっと休憩。
131002_11.jpg


しかし、アホのような眺めです。海ギリギリというか、海の中に建っている感じ。
131002_12.jpg


夕食まではちょっと時間があるので大浴場でゆっくり。
お子様達も浴衣をお召しに。
131002_24.jpg


やっと夕食です。バイキングなのですが18時スタートと19時30分スタートから
選ぶ感じで、入浴時間のことも考えて19時30分スタートを選んだのですが、
海でがっつり遊んだせいで、入浴後は空腹MAXにしばらく耐えました。
131002_25.jpg


料理もおいしく、腹いっぱいに食えました。
鯛茶漬けが特においしかったかな。yuiさんもおかわりしてたし。
131002_27.jpg


夕食後はのんびり。熱海の夜景がキレイ。
131002_15.jpg


引き続き、昭和な館内を探検。この巨大な鏡の無駄な造形もたまりません。
131002_14.jpg


翌朝の朝食もバイキング。
夕食とは異なる会場で、さらに昭和ラグジュアリー感がMAX。
131002_17.jpg


朝食後は、チェックアウトだけ済ませて館内のオーシャンプールへ。
ホテルの建屋から、いきなり海に素潜りできる感じの自然の施設。
131002_18.jpg


ライフジャケットを着用。
131002_19.jpg


水深は結構あります。多分、3~7mmくらい。
131002_20.jpg


アホのように非日常な光景です。すばらしい。
131002_21.jpg


だんだん混んできたし紫外線もキツいので、館内プールに移動。
大人達はこの後の車の運転に備えてプールサイドのデッキチェアで眠って体力を温存。
お子様達、まだまだ遊びます。。。(車の中では爆睡だったけど)
131002_22.jpg


来年はお金貯めて北海道に行きたいな。。。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード