イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
コーラ飲み過ぎです。



立秋を過ぎて、寝技のような暑さが本性を現す季節がやって来ました。
秋の彼岸まで1ヶ月ちょっとありますが、今年の夏に作ったメニューを復習です。


5月5日。かつおのタタキの変わり盛り。
スライスした絹豆腐と大葉を交互に挟んで、カプレーゼ風に。
ポン酢をぶっかけて頂きます。
おろしニンニクをレロレロしながら、今年の夏に野心を燃やすのです。
130810_1.jpg


夏といえば、ゴーヤが安く手に入る季節なのです。
魚肉ソーセージとゴーヤのソーメンチャンプルー。7月11日。
ナンプラーとかあれば尚良いな。
130810_4.jpg


ゴーヤの食い方もチャンプルー系以外に広げたいところです。
成城石井でオリーブの実の塩漬けを買ってみました。確か298円。
130810_2.jpg


ゴーヤのツナオリーブ和え。6月28日。
刻んだオリーブの塩漬けが味のアクセント。レシピはこちらを参照しました。
特に夏場は、傷みかけのゴーヤが安く手に入ったりするので、
その日すぐに食わなくても、和え物にしてタッパに入れて冷蔵しておくと便利です。
小さい冷蔵庫でも場所を取らなくなるし。
130810_3.jpg


あと、和え物系でもう一品。
水菜も夏場は応用の範囲が広そうです。(あんまり応用してないけど)
はんぺんと水菜のツナマヨネーズ和え。7月8日。
レシピはこちらを参照しました。
食感に変化があって楽しい。和カラシも良い感じの味のアクセント。
130810_9.jpg


余った水菜で本食い用のメニューも。
水菜と絹揚げと桜エビとゆかりと塩昆布のさっぱりパスタ。
夏場は酸っぱい味も恋しくなります。塩っ気は抑え目が良い感じ。
130810_5.jpg


年中食ってる焼きうどんも、大量の薬味でアレンジ。6月22日。
火の通ったトマトの酸味とカニカマとみょうがのアンサンブルが、
なんとも夏らしくて旨いのです。
130810_18.jpg


みょうがと言えば、そうめんとかひやむぎとかも押さえたいところです。
生しらすを主役にしたひやむぎののっけ盛り。7月6日。
のり弁当みたいに、麺の中に大葉が隠されています(笑)。
130810_8.jpg


ペコロスという、小さい玉ねぎみたいな野菜を買いました。7月24日。
定価398円が、見切り特価50円というヤケクソ価格でテンションが上がるのです。
130810_14.jpg


初めて扱う野菜なので、まずはレシピを検索。
マリネにしているケースが多かったので、普通に米酢でもいいのですが、
バルサミコ酢を久しぶりに買ってみます。
数百円で売ってる黒い色のバルサミコ酢は、ぶどう由来の色ではなく、
コーラみたいにカラメルで色を付けていることを知って萎えたので、
隣に売ってた白バルサミコ酢をチョイス。ペコロスの白も映えそうだし。
130810_15.jpg


レシピを見ながら、ペコロスを電子レンジに入れて、
ズッキーニを多めのオリーブオイルで焼いたりしながら工程を進めていたのですが、
なぜか、「ペコロスとズッキーニとししとうの白バルサミコソテーカレー風味」
に辿りつきました(笑)。
ペコロスの食感が楽しくてバクバク食べていたら、その後、妙に体がポカポカしました。
130810_13.jpg


最後にでっぷりと太った米茄子。こちらも痛みかけのものが60円で手に入りました。
複数のレシピを参照しながら、米茄子の田楽を作ります。
田楽味噌を作る工程以外は、オーブンレンジの電子レンジ機能とオーブン機能を
使い分けながら加熱。


ピザ用チーズも乗っけて、米なすのチーズ味噌田楽の完成。8月9日。
甘い田楽味噌と柔らかい米茄子の食感が、
アップルパイとかバナナのシナモンバターソテーとかのホットデザートのような趣。
130810_12.jpg
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード