イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
faucetsとは、「蛇口」の意味だそうだ。



引き続き2月9日。


O-NESTでのライブが終わった後、せっかく渋谷にやって来たので、
こちらに寄ってみました。


Bunkamura隣のfaucets(フォーセッツ)。
130328_1.jpg


ここは、2年前のこのときに初めてお会いした、アポロカンパニーの前店長が
現在働いているお店。
今回が初めてじゃなくて、2012年の8月以来、2回目の訪問。


この店は、様々なビール樽に繋がれたタップ(コック)が、なんと40ヶも
あるのです。店名は伊達ではないのです。


この日の一杯目。静岡のニードビールのモンスター C IPA。
口当たりが柔らかいけど、IPAらしい苦味はジワジワと舌の裏スジにくる。
130328_2cipa.jpg


この日の二杯目。スコットランドのブリュードッグのパンクIPA。
蛍光マーカーっぽい主張のある軽さ。アルコールは5.6%とIPAとしては控えめ。
130328_3punk.jpg


ついでに、2012年8月の、前回訪問時に飲んだビールも紹介。


一杯目は、サザンティアの2xIPA。うまうまうま。
130328_42x.jpg


二杯目。ベアードビールのスルガインペリアルIPA。
喉チンコが喜ぶ旨味と苦味。
130328_5suruga.jpg


上で挙げた4つのビール、全て「IPA」という3文字が含まれています。
改めて復習。


IPAとは、インディア・ペールエール(India Pale Ale)の事。
強いホップの苦みと高いアルコール度数(5%~7.5%)が特徴のビール。
もともとは、イギリスがインドを植民地支配していたときに、
イギリスからインドにビールを船で輸送する際の劣化防止目的で考案された、
アルコール度数が高くてホップが大量に加えられたビールのスタイルの事。
(詳しくは、ググッてください)


だから、苦味と香りが強め。「ビール飲んでる感」が鮮やか。だから好き。


またfaucetsいこ。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード