FC2ブログ
イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
昼食を食べ終え、再びTADブースに向かいます。
14時からのオーディオ評論家の小原由夫さんのセミナーに参加します。
小原さん自身、自宅でTAD-R1をリファレンススピーカーとして使用しているとの事。
090222_70.jpg
使用機材は、スピーカーはもちろんTAD-R1(300諭吉×2)。
CDプレーヤーは、昼食前の試聴会でも使用したエソテリック。
(型番控えなかったけどX-01D2だったら140諭吉)
さらにアナログレコードも掛けるとの事で、
レコードプレーヤーがエクスクルーシブ P3a(80年代当時65諭吉)。
カートリッジはオルトフォンのMC-Winfeld (42諭吉)。
ちなみにフォノイコは、後述するプリアンプ内蔵のものを使用。
090222_63.jpg


そして、プリアンプとパワーアンプは小原さん自身が自宅で使っているのと同じもの、
という事で、TADのアンプではなく、スイスのsoulution社のものを使用します。
(確かプリアンプはフォノイコレスのものを使っている、と言っていたような)
プリアンプ720が400諭吉。パワーアンプ710が480諭吉。
日本の代理店はNOAH(ノア)です。


さて、敢えて足し算はしません(脳内バッファが足りないから、というのは秘密)。
ケーブル類も手抜きはしていないはずなので、システム総額はもう凄いことでしょう。
さぁ、どんな音を聴かせてくれるのでしょう。既にサラサーティーがヒタヒタです。
090222_64.jpg


090222_71.jpg


音楽を掛ける前の小原さんのフリートークで、
「中国だか香港でプレス関係者向けにTAD-R1のデモをしたときの
自分のトークがようつべにうpされてまして、アタクシようつべデビュー。」
とお話されていて、会場内をミクロな笑いで席巻しましたが、
恐らくこれのことでしょう。



さて、いよいよ試聴ソフトが流れます。
最初は確かアメリカもののオーケストラ。確かコレです。
さっきより明らかに音量大きめです。そして、やたら鳴りっぷりがいいです。
さっきは中高音の線の細さがやや気になりましたが、
金管が「パァーン」と鳴ったときに、ちゃんと金粉が舞い降りるような至福を味わえます。
そして、低音はさらに美味しくなっています。
スピーカーにまとわり付かず、マッチョに高速に飛び出してきます。
まさにアヴァンギャルドのオールホーンスピーカーみたいな音です。
まぁ、あっちはセットで2000万近いですが。
TAD-R1、これだけの音でまんま工芸品のエンクロージャーで、
セットで600万円というのは逆に安いと思います。はい。
欲を言えば、やっぱり中高音。パルシブな音は良いのですが、
ガラスを引っかいたような音のときに、「脳内をカテーテルが突き抜ける感じ(※)」
をもうちょっと踏み込んで表現して欲しい。
※・・・誰にも共感されない比喩であることは織り込み済み。


しかし、メチャメチャ楽しめます。
この感動を忘れたくなくて、イスチは「鳴ってるスピーカーを動画撮影する」
という暴挙に出ます。


上原ひろみとチック・コリアのブルーノート東京でのピアノ2台のバトルセッション。
グランドピアノを向かい合わせで置いてある様子が解るそうですが、
イスチはLchの正面に居たのでそこまでは解りませんでした。
向かって左側がチックコリア(右手が手前、左手が奥)。
右側が上原ひろみ(左手が手前、右手が奥)。



ニールヤングのライブ盤。180gの重量盤のアナログ。



古いダイレクトカッティングのアナログレコード。
アーティスト名忘れましたが、フュージョンです。
各楽器の音が鬼のように明晰です。



いやー、楽しめました。
今日はもうお腹いっぱいです。帰りましょう。
一応、A&Vフェスタの名物イベントである、FOSTEX主催の、
「スピーカー親子工作教室」の抽選券は2回取りに行きましたが、
2回とも外れました。シクシク。
090222_72.jpg


悔しいので自分が組んだスピーカーの動作チェックをして、
テンションが上がっているお子様に妄想の中でイスチを憑依させます。
090222_82.jpg


約5時間、ガッツリ楽しんで帰宅の途に就きます。
その前に、イスチとSUKEZOさんは、それぞれの家庭に横浜土産を購入。
普通に崎陽軒のシューマイです。
昼食のときに、インフォメーションカウンターのお姉様に、
最寄の店舗を確認済み。ランドマークタワーの1階です。
090222_73.jpg


090222_74.jpg


再び、SUKEZOさんの愛車に同乗。
この車のオーディオは、相当変態です。
090222_75.jpg


090222_76.jpg


センターパネルは、スウェード生地をボンドで手貼り。
今度イスチが刺繍を施します(うそ)。
090222_77.jpg


帰り際、練馬のカーオーディオショップDownLowに立ち寄ります。
SUKEZOさん、ARC AUDIOのカーアンプに激萌えの様子。
090222_79.jpg


帰りは、第三京浜から環八に入ったので、
やや渋滞しましたが、吉田兄弟の三味線のCDを爆音で楽しみます。


18時過ぎに帰宅。SUKEZOさんには本当にお世話になりました。
崎陽軒のシューマイは、早速食卓にのぼります。
090222_80.jpg
スポンサーサイト



お疲れ様でした。
おつかれさんでした。

Youtubeの動画見ましたが、よ~~く理解できました。

良いものはYoutubeで聞いても良いですね。
圧縮率なりにいい音で鳴っているのが判りました。

ちょっとオーディオやる気になったので、禁断の?コンデンサチューンを
今使っているアンプに施そうかなと。
【2009/02/28 01:09】 URL | sukezo@青スト #HX8EHCgA[ 編集]

あらやだ、コメント嬉しいわ。
スピーカー動画、以前やってたタモリ倶楽部のダイナミックオーディオの回で、
ジャーマンフィジックスのスピーカーの浸透圧の高さが、
テレビを見ているだけでも充分伝わってしまったので、
もしかして、と思ったのですが、ちゃんと伝わりますよね。
人の生声の劣化具合を参考に、脳内でデコードできるんですよね。
アナタも青ストでDEQ-P01!!の設定を振ったときの音の変化を、
動画でうpしなさいよ。
ハイエンドスピーカー盆栽、ペーパークラフトの線で妄想中だわ。
【2009/02/28 11:15】 URL | イスチ #qbIq4rIg[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード