イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
山中湖はいい天気。
121008_8.jpg


昨年と同じく、Team Spiritsのホームページに載せた内容と重複しますが、
パルコデルチェロでのディナーについての記述のみ、こちらにも転載しておきます。
121008_7.jpg


今年のメニューはこんな感じ。
121008_4.jpg


まずは、Antipasto misti(前菜盛り合わせ)。


・生ハムと黄桃
・パプリカとリコッタチーズのロトーレ
・富士桜ますの炙り タイムとイタリアンパセリの香り
・アワビとウニのオマールコンソメジュレ
・海老とパプリカのテリーヌ
・ブルスケッタ アル ポモドーロ
121008_6.jpg


「リコッタ」は、再び(ri)煮た(cotta)という意味。
「リコッタチーズは」南イタリア原産のチーズの一種。
「ロトーレ」は・・・rotore?んんん、、、
すみません、わかりませんでした。
「ブルスケッタ」はイタリア料理の軽食のひとつ。
ローマ地方の方言で「炭火であぶる」を意味するブルスカーレ(bruscare)が語源。
「アル」は、「al」の意。
イタリア語の al は a + il の結合型で、英語の to + the に相当。


そして、Primo(主菜)。
・タリアテッレ アルフェッロの魚介の「カッチューコ風」
121008_5.jpg


「タリアッテッレ」はパスタの一種。細長いリボン状。
「アルフェッロ」はフェットチーネに溝が付いたパスタの意味。
「カッチューコ」は魚介の煮込みスープのこと。トスカーナ料理。


さらに、Secondo(二皿目)。
・黒毛和牛ヒレの蒸し焼き ブラッサート
121008_3.jpg


「ブラッサート」はイタリア語で(炭)という意味のブラーチェ brace の、
古い呼び方のブラーザ(brasa)が語源といわれてて、山間の地方の典型的な
家庭のごちそう料理という意味らしい。
じゃあ、「ブラッサート」と「ブルスケッタ」は同じ語源なのかしら?


とどめのDolce(デザート)。
・マスカルポーネのズッパイングレーゼ
121008_2.jpg


「ズッパイングレーゼ」はアルケルメスという赤いリキュールをかけた
薄切りのスポンジとアングレーズソースを交互に重ね、
デコレーションした柔かいスープ状のイタリア菓子の事。
ズッパ(伊Zuppa)・・・・スープ、
イングレーゼ(伊Inglese)・・・・イギリス風、
直訳するとイギリス風スープ・・・・ということらしい。


以上、Google先生、ありがとう。


今年で10回目の山中湖ボサノバナイト。来年もここでお会いしましょう♪
121008_1.jpg
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード