イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
●Track5: Wanda Jackson / I Gotta Know 「VINTAGE COLLECTIONS」より(1996年)



この曲が1曲目に入ってるベスト盤のリリース年は1996年だけど、
この曲そのもののリリース年は(多分)1956年。
ちなみに、ワンダ・ジャクソンさんは1937年オクラホマ生まれ。


カントリーとロカビリー(?)が交互に入れ替わるような面白い曲。
転換時のネットリとした溜めのタイム感が素晴らしい。


さて、1937年生まれのワンダ・ジャクソンさん、
74歳になる今年2011年に、ニューアルバムを発売したそうです。スゲー



●Track6:高野寛 / Timeless 「Rainbow Magic」より(2009年)
101101_25.jpg


昨年あみぜさんと出かけた多摩川河川敷のもみじ市で行われた高野寛さんの
フリーライブで購入&サインを頂いたCDから。


(多分)あえての90年代フレーヴァーなサウンド。
「永遠の青年」を地で行くような瑞々しさ。


2000年代は、他アーティストのサポート活動に重きを置いていたようですが、
デビュー20周年を過ぎて、再びポップ全開のソロ作品をリリースしてくれた
ことが嬉しい。


wikiで調べていて「をぉ」と思ったのが以下の記述。
高野寛さんがデビューするきっかけになった1986年の高橋幸宏さんと鈴木慶一さん
主催のオーディションの他の参加者の項で、、、
今年の7月に黄金町の試聴室でライブを見た青山陽一さん、
あと、「ぼんばへっ」なm.c.A・Tさん。
なんか再発見があったり時代を感じたりで面白い。


ようつべでこんな動画を発見。クソ懐かしい。
よくもまぁ、こんなに手の内を晒してくれるものだわ。
スポンサーサイト

高野寛のこの時のやつリアルタイムで見たのを思い出しました。

後、坂本龍一がゲストの時に、坂本龍一が昔やっていたラジオ番組のデモテープ紹介コーナーでオンエアされた19歳頃の高野寛のデモテープが番組内で流されてそれが物凄くクオリティの高い音源で聞いててびっくりした思い出があります。
坂本龍一が、XTC風だねといってたのを覚えてます。

ワンダ・ジャクソンは日本ではフジヤマ・ママが有名ですね。

モズライト製の特注ダブルネックのギターでソロを弾くジョー・メフィスもいい雰囲気出してます。
ネックの指板やギターパーツに自分の名前が入ってるのが当時の一流ミュージシャンのステータスだったのですね。

【2011/09/20 02:11】 URL | #-[ 編集]

あら、ジョエルさんですね?
貴殿もこのSIDE-Bのこの回をリアルタイムで見たのですか!
この頃の教育テレビは面白かったなぁ。
坂本教授のラジオ番組は、登竜門的なことをよく言われますが、
一度も聞いたことないんですよ。今度ようつべとかで探してみよう。
でも、高野寛さんの影響でXTCは1枚買ってみた気がする。
あんまり聞かなかったけど。
フジヤマ・ママも手元のベスト盤に入ってた!
I gotta knowよりさらにダミ声歌唱ね。
あ、この怪しく微笑むオニーさんって、ジョー・メフィスっていう
名前なのね。素晴らしいわ。
【2011/09/21 01:48】 URL | イスチ #qbIq4rIg[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード