イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
今年もこの季節がやってきました。


年に1回の私設な音楽自由研究課題。毎度の8曲。
動画はあるものだけ掲載。


1 Ash RaTempel / Cosmic Tango
2 LITTLE CREATURES / Drangonfly Day
3 宮内優里 / to be in on this (feat.julia guther)
4 David Grisman and Sons / Hot for teacher
5 Wanada Jackson / I Gotta Know
6 高野寛 / Timeless
7 Richard Galliano / Opale Concerto Premier Mouvement. Allegro Furioso
8 坂本美雨 / Phantom Girl's First Love


●Track1:Ash RaTempel / Cosmic Tango 「STARRING ROSI」より(1975年)



70年代のジャーマン・プログレ。それ以外はあんまり知らない。
キリンジのネットラジオ「KiKi KIRINJI」で引っ掛かった曲。
今回のイスチFMでは、他にtrack4とtrack5もそのパターン。


今回の候補曲の中で、一番「変な響き」で「曲が短い」というのが
1曲目にもってきた大きな理由。


そもそも、Cosmic Tango = 「宇宙っぽいタンゴ」という曲名そのものが、
「ちちくりマンボ」くらい不思議感にまみれていますが、曲名に負けず劣らす、
メロディもアレンジも謎な審美眼に基づき構築されているように感じます。
でも、気持ち良いから良いのです。


●Track2:LITTLE CREATURES / Drangonfly Day 「LOVE TRIO」より(2010年)


リトルクリーチャーズのデビュー20年に合わせて発表された、
5年ぶりのオリジナルアルバムより。
もう彼らのことは何回も取り上げた気がするので簡単に。


リトルクリーチャーズ名義の曲をイスチFMに選んだのは、
002の「dead p.c.」以来ですが、このバンド以外の別プロジェクトの
活動も多い人たちなので、結構フォローするのが大変なのです。


これまでも、ベースの栗原さんのプロデュースのmama! milkの曲を004に入れたり、
003では青柳さんプロデュースのハワイアンのアルバムから2曲拾ったりとか。


今回収録した曲はビヨビヨしたシンセの音と、
何より青柳さんの脱力しながら艶のある声が素晴らしい。
なかなかこのオケにハマる男声って無いよな。


↓の動画は、前にもどこかで貼ったかもしれないけど、5年前の「NIGHIT PEOPLE」
というアルバムのタイトル曲のPV。
もろにロケ地が山中湖(3分12秒あたりとかw)。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード