イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
nitehi worksに謎の井戸が出現!
110830_3.jpg


8月13日。


nitehi worksに来ました。
謎の井戸は、nitehi worksオーナー稲吉稔さん作製の、
水のインスタレーションアートの一部なのね。
110830_4.jpg


今日は、nitehi worksでファド(ポルトガルの港町の酒場に伝わる大衆歌謡)の
ライブに来たのです。てか、ファドって初めて聞く言葉だけど。
中央で歌うのがファディスタのMACHAKOさん。
110830_6.jpg


1stステージの曲間を狙って入店。
間もなく2ndステージまでのインターバルの時間になったので、
いろいろ飲み食いしてみます。


本日の限定メニューの中から2品をチョイス。
「豆とソーセージのトマト煮こみ」と、「アレンテージョ風・豚とあさり炒め」。
白ワインがグビグビ進みます。
110830_1.jpg


そして、この日に合わせてポルトガルワインが用意されていたので、
これはもう全種類制覇するしかありません!ヒエテルヒエテル!
110830_2.jpg


と、いい気分になったところで、ボーカルのMACHAKOさんに話しかけて、
2ndステージの動画撮影とようつべうpの許可を頂きます。
結構Dレンジ広めな録音モチーフですが、生録しがいがあるってもんです。
110830_5.jpg


2ndステージの曲は、全曲収録してみましたが、一番聴き応えがあったのがこの曲。
PCで聴きやすいように、しっかりめにコンプを掛けてあります。
少ない音数で構成される濃密なアンサンブルと、
ハッとするような音の立ち上がりと余韻がステキ。



ファドという音楽を聴くのは、この日が初めてだったのですが、
歌謡曲として日本人的にかなり親しみやすい曲調です。


その辺を演奏者側の皆さんも心得ているようで、
曲の途中で久保田早紀さんの「異邦人」とか、石川ひとみさんの「まちぶせ」とか、
ファドがルーツにありそうな?ファドに馴染みそうな?曲を、
「夜もヒッパレ風」にカットインするサービスも(笑)。


そして、個人的に連想したのがこの↓曲。野田幹子さんの「いつか見た映画」。
上で貼った動画の曲に激似だけど、まぁ、こっちの方がこの辺の音楽から
インスパイアされたんでしょうね。


手持ちのCDの山から探し出して歌詞カードを調べてみたら、、、
作曲は渚十吾さんで、ガットギターは黒田日出良さん。
てか、ネットで調べたら上記の2名は同一人物だった(汗)。


この曲を含む「蒼空の一滴」というアルバムのリリースは1989年。
だから22年前か。ああああ
スポンサーサイト
「いつか見た映画」
「蒼空の一滴」も「ヴァカンス、ヴァカンス」も持っていますよ~
MACHAKOさん、いいですね。
【2011/09/09 06:50】 URL | まさ(climbmasa) #q8Z0istI[ 編集]

13日はありがとうございました。
お気に入りの曲は「故郷の人々」(O gente da minha terra)といいます。
これからもファドを港町とともに宜しくお願いします♪
【2011/09/09 12:23】 URL | MACHAKO #PAW8BYoo[ 編集]

>まささん
あぁっ、あなたという人はどこまで私と被るのでしょうか。素晴らしい。
港町ファド、良かったですよー。

>MACHAKOさん
まさかの本人降臨!
曲名聞き取れなかったので、教えて頂いて感謝です。
また聴きにいきます!
【2011/09/10 10:39】 URL | イスチ #qbIq4rIg[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード