イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
「どっち口?」
「新しい贅沢な看板がある方」で通じた(爆)。
101010_1.jpg


サバカラ会場は鴻巣のラウンドワン。
駅から不便なところだそうなので、yutaka-sさんに迎えに来て貰いました。
既に、イスチ到着前より数曲歌い始めていたとの事。


最寄り駅の北鴻巣駅までは、電車で向かいます。久々の高崎線。
車掌さんのアナウンスがウルトラスムーズです。
ちなみに、電車の中ではこれからの喉の長期戦に備え、マスクを装着。
前日の夜には、はちみつ大根の紅茶割りでドーピング済み。



着きました。
101010_2.jpg


こちらが初対面のMAKさん。
物凄い強靭なハイトーンヴォイスをお持ちの方でした。
しかも、長時間声を張り続けられる発声が身についているようです。
なんか、マイクに向かう立ち姿も洗練されています。
101010_3.jpg


そして、サバカラ番長のyutaka-sさん。
スウィートで湿度たっぷりのエモーショナルな歌唱は、
あらゆる方向から聴く人の心のドアをこじ開ける感じです。
今回は、柴田淳さんとキリンジの曲にもチャレンジ!
101010_4.jpg


そして、今回のカラオケルームは、ステージ仕様!
スタンドマイクに、全面ガラス貼りで前方からも背中がクッキリ!
あらゆる方向から歌いっぷりを監視できます(爆)。
101010_11.jpg


14時30分。
101010_6.jpg


16時9分。
101010_12.jpg


18時22分。
101010_8.jpg


ちなみにMAKさんは、歌唱予定曲目リストを持参していました。素晴らしい!
101010_7.jpg


イスチの歌った「恍惚のブルース」。5人中5位という成績でしたが、
ランキング上位者の店舗名から得られる地理情報がステキです。
101010_10.jpg


布施駅は、大阪府東大阪市。
高座渋谷は、神奈川県大和市。
「スナックともしび」だそうです。恍惚のともしび、、、ステキ。


動画編は次の記事にまとめますが(刻むな、、、)、
最後にコチラ。
101010_9.jpg


別にyutaka-sさんが疲れて寝ている訳ではありません。
MAKさんのハイトーンヴォイスのポテンシャルに着目したyutaka-sさんが、
「森高歌って!」と無理やりリクエストし、MAKさんに歌って貰ってる最中、
視界を遮断して記憶の中のアレな映像とリアルタイムのオリジナルキーの歌唱を、
脳内で都合良くオーサリングしている模様です(爆)。



これもひとつの、能動的な音楽の楽しみ方だと思うのです。
yutaka-sさんの心の中に想起されるコンテンツの濃密さは、
きっと、3Dテレビなんか比較になりません。
スポンサーサイト

下から2番目の画像のストーリー的密度の濃さは神の領域です。素晴らしい!
これに匹敵するかも…
http://13colors.web.fc2.com/20070910/20070910037.jpg
【福島磐梯山登山、ダミアンさんと廃墟】
【2010/10/12 01:32】 URL | yutaka-s #kfdEf5Mw[ 編集]

ようやく今回のサバカラの動画編集が完了しました。
ご依頼通り、シンガー別の動画としてあります。
それぞれの個性が際立つ仕上がりとなりました。
廃墟画像、「ルーフテントで行こう」の中の1コンテンツですよね?
マウスオーバー、クリック、アップ(?)のアップ画像が最高です。
そして今回のサバカラでの妄想ワークショップ、感動しました。
【2010/10/12 04:22】 URL | イスチ #qbIq4rIg[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード