イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
track5:ROBERT RANDOLPH & THE FAMILY BAND / SQUEEZE 「UNCLASSIFIED」より(2003年)



ここから3曲連続で、キリンジのネットラジオ「キキ キリンジ」で
流れていた曲の中で引っ掛かってCD購入まで至ったもの。


関係ないですが、キキ キリンジの165回目の放送で、彼らの地元の坂戸市の、
よさこい祭について毒を吐く兄の高樹さんのトークが笑いました。


さて、ロバートランドルフアンドザファミリーバンド。
ペダルスティールという楽器が、終始ビンビンに鳴り続けていますが、
そもそもこの楽器って何さ?という事で検索、、、


こちらを見ると、スティールギターにペダルが付いたもの、との事。
ペダルを使って、音程を変えることが出来る、との事なので、
エレキギターのトレモロユニットみたいな機構がたくさん付いてるって事?


ハワイアンミュージックで良く使われるペダル無しのスティールギターは、
立って演奏することが多いけど、こっちはペダル付きだから、
座って演奏する感じになるんでしょうね。


さて、ペダルスティールを弾くロバート・ランドルフさん、
教会で働く父と母の間に生まれたそうで、彼が生まれ育ったニュージャージーの
教会では、パイプオルガンの代わりにペダルスティールが使われていたそうです。
こういうスタイルは、フロリダのとあるキリスト教のある宗派で歌われる、
ゴスペルの伴奏にペダルスティールを持ち込んだのが始まりらしく、
その起源は1930年代にまで遡るらしい。


ペダルスティールという楽器、かなり演奏が難しいそうで、普通は
カントリーミュージックの、ながーい音符をマッタリ演奏する事が
多いはずなのに、今回の曲のような鬼のような早弾きは、
相当有り得ない事らしい。ただでさえ、これだけネチっこいリフに
まみれた演奏なのに。


他に、ペダルスティールを使った有名な曲、っていうと、
カーペンターズの「Top of the World」とか?
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード