イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
8月10日。相変わらずクソ暑いので、
近場のミュージアム巡りに興じます。


こ、これは、、、!!!
100812_2.jpg


ここでも書いたけど、埼玉県立近代美術館で行われる1950-60年代の
ロンドンの若者風俗が主題の企画展。
開催期間は2ヶ月もあるけど、ペンディングばっかしてると、
気付いた頃には終わってた!なんて事もあるのでとっとと鑑賞してしまいましょう。


埼玉県立近代美術館の最寄り駅は、、、北浦和駅です。
多分、降りるのは初めて。非常にアーバンでソフィスティケイテッドな雰囲気。
100812_1.jpg


駅からすぐの美術館の敷地に入りました。
こちらのブロンズ像は、、、あみぜさんがきっと何かウマい事を言ってくれそうです。
100812_3.jpg


こちらの樹根は、、、イスチが主体的に何か言わないと、
ただの樹根のままで終わってしまいそうです。
100812_4.jpg


さて、美術館に到着。
「近代美術館」として80年代に建てられた施設だそうです。
80年代の「モダーン臭」が胸を打ちます。
100812_5.jpg


常設展示は特に興味が無いので、企画展のみのチケットを購入。
料金は1000円。公立美術館にしては高くね?


中に入ると、まぁ雑多です。
50年代のペスパやらランブレッタ、いわゆる「モッズコート」と呼ばれる、
ミリタリーコート。あと、なぜか大量のソニーのトランジスタラジオ。
アラフォーからアラ還のカルチャー系おっさんには、たまらないラインナップ。


マリークワントのビニール製のミニドレスや、当時のプリントテキスタイルなどで、
イスチ内「おばさん事業本部」もテケテケされまくります。


そして、こちらの展示も!
100812_11.jpg


BCLラジオの購入を検討していたときに、ネットで発見して激萌えした
ブラウンの多バンドラジオです。
もう、これは何という偶然でしょうか。
あれ以来、「デザイン」という言葉を見聞きすると、
脊髄反射的にこのラジオのデザインが思い浮かんでいたのですが、
ネチネチ萌え続けていると、こういう事もあるんですね。


他にも、イタリアのブリオンベガの製品も、お約束のポータブルテレビ、
ポータブルラジオの他に、なんと、システムコンポの展示も!
これにはもう、感激のあまり背面のMDFパネルまでネットリ視姦です。


ところで、この頃のロンドンのファッションアイコンといえば
「ツイッギー」ですが、和訳すると「小枝」の意味らしい。
森永の小枝チョコは、その辺にネーミングのルーツがあるらしいのですが、
60年代ファッションに身を包む女装な小山田圭吾氏のこのCM、
その辺を汲んでの演出だったのか?だとしたらスゲー。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード