イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
こ、これは、、、!!!(結構古そうだね)
100509_1.jpg


こ、これは、、、!!!(レストア中かな?)
100509_2.jpg


こ、これは、、、!!!(そっちかよ)
100509_3.jpg


4月28日に新規オープンの「あぐれっしゅ川越」というJAの農産物直売所。
結構デカイ施設。近所なので早速行ってきました。
「あぐれっしゅ」というネーミングの由来は、、、


「アグリカルチャー(農業)」「フレッシュ(新鮮)」「アグレッシブ(積極)」
を合わせたもの、、、という酩酊状態での打ち合わせ風景が垣間見える秀逸さ。
「アグリカルチャー」があっても無くても、この造語が成立するところが淫靡。


どう考えても世界初なあぐれっしゅ川越パノラマ。
100509_4.jpg


入り口には、花輪がたくさん。
100509_5.jpg


**円以上購入で先着**名様にプレゼント!の日替わりオープンイベントもアリ。
100509_6.jpg


とりあえず野菜の値段をチェックしてみたところ、、、
正直、そんなに安くは無いです。キャベツ一玉が250円とか。
(ゴールデンウィーク後半辺りから市場価格に連動するように安くなったけど)
オープンセールで、全品10%引きだったけど、それでも凡庸。


野菜にはあまり惹かれなかったので、野菜以外のものを購入。


まずは、すぐ近所のミオ・カザロのパストラミ。
元値がそんなに安くなくて、普段は値引きも無さそうなので、10%オフは嬉しい。
100509_7.jpg


もう一つは、地元のパン屋「パンのかほり」のカレーパンとクリームパン。
100509_8.jpg


「ミオ・カザロ」も「パンのかほり」のパンも、
ここから2kmの伊佐沼の農産物直売所でも扱ってる商品だけど、
一応、こっちはJAいるま野直営で、伊佐沼は川越市の管轄。
経営母体も違うし、これからどんな棲み分けになるんでしょう?


あぐれっしゅオープン当日は、クソ混雑の店内で突っ立ってるスーツ姿の
おじさん達が目立ちました。恐らくJA関係者なんだろうけど。


ゴールデンウイーク中にもう一度訪れたところ、
川越市内で収穫された自然薯が1本0.2諭吉くらいで売られていました。
珍しいなー、と思いつつ手に取ると、「はすだ農園」という川越市内の業者の
シールが貼られていたのですが、よく見ると、そのラベルの一部の文字が
黒マジックで文字を消してある事に気付きました。


その黒マジック越しに「滋養強壮」の文字がぼんやりと、、、


「見方によってはそうかもだけど、疑義が生じるから消しなさい」
とかの指導が、JA側からあったのでしょうか?
恐らく、生産者側は自信を持って「滋養強壮」の効能をアピールしたいはずです。


そんな「落としどころ」を探るJA社屋での会議のプロセスを想像し、
その人件費が、この直売所の個々の商品の単価に反映されているかと思うと、
なんか萎えました。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード