FC2ブログ
イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
4月15日の出来事。


こちらで、「ぼくはうみがみたくなりました」という映画をみたくなり、
こちらで、この作品の原作者の人の講演も聞いたことですし、
3日から上映中の川崎の映画館まで足を伸ばしてみることにしました。



新宿駅。本当に久々の小田急線を使います。
久しぶりに乗ったら、やたら客車内が静かで振動が少ないのが印象的でした。
結構時間に余裕があると思って、成城学園前まで各駅停車を使って途中で急行に
乗り換えたのですが、意外に時間が掛かって上映ギリギリになったことは秘密です。
100426_1.jpg


ホームウェイという特急電車。
100426_7.jpg


先頭車両の最前列では、お兄さんが前面ガラスにビデオカメラを吸盤で固定中。
ようつべかニコニコにうpされるのでしょうか?
100426_8.jpg


新百合ヶ丘駅に到着。
住所としては、川崎市麻生区。
駅周辺の画像は、実際には上映終了後の帰宅途中に撮影したもの。


こっちが南口。大きな商業施設が集まっている側の出口。
100426_6.jpg


こっちが北口。この日の目的地へは、こっちの方が便利。
駅の周辺は、人通りが多いのに「夜の街」の臭いは極めて少なめ。
100426_5.jpg


で、目的の映画が上映される施設に到着。
川崎市アートセンター。2007年開館。
小劇場と映像館なら成る公共の文化芸術施設。
100426_2.jpg


この日は木曜日だったのですが、こちらの施設は「木曜日はメンズデー」
という事になっているそうで、通常1500円が1000円にディスカウント。


113席の小さな映画館ですが、新しいだけあって超綺麗です。
映画の本編が始まって、すぐにフィルム上映じゃない事に気付いたんですが、
映像の精細感が異常に高い。あとでここの施設のパンフレットを見たら、
SONYのSRX-R105という、4Kのビデオプロジェクターを使っているらしい。
販売価格は800万前後だと(笑)。


さて、肝心の映画の内容についての話ですが、、、


主人公の自閉症少年「淳一」が、、、もう、最高です。
独特の挙動不審さに、イスチ的に親和性を感じまくり。
逆に定型の人の言動の方がアレなような、、、


話の展開にやや強引さはあるものの、そこはまぁフィクションなので(汗)。
涙がこみあげるようなシーンもありつつも、笑えるシーンの方が多め。


ただ、自主制作映画にしては、かなり作りこまれた映像です。
しかも芸術表現に走らず(映画の主題からして、そうする必要もないんだけど)、
分かりやすくて気持ち良いカメラワーク。


この作品は、自閉症の男の子を持つ父親である山下久仁明さんが原作と脚本を
書かれているのですが、映画化のカンパを呼びかけ始めた2006年に、
当時15歳のお子さん(大輝さん)が日課の散歩中に電車との接触事故で亡くなり、
それがきっかけで、それまでとは比べ物にならないスピードでカンパが集まった、
という皮肉な経緯があるそうです。


主人公のモデルは息子の大輝さん、という訳でもなく、特定の誰か、でもなく、
息子さんを含め、複数の自閉症の知り合いの人の特徴をミックスした感じなんです、
と、自閉症啓発デーの講演のときに話されていました。


「GPS持たせてるから大丈夫かなー、と思ったら線路上で動かなくて、、、」
と、他人事みたいにニコニコ話されていたのですが、それ以外にも、
「大輝が私の体を使って映画を作った」とか、事故の別離を越えた「決意」を
山下さんの言葉から感じました。


上映終了後、アートセンター周辺を少し散策。
100426_4.jpg


まだまだ肌寒いけど、春の夜の匂い。
100426_11.jpg


この曲がふと、頭に浮かんだ。



歌詞を聴くと、単なる春の夜の耐久セックスの歌ですね(爆)。
スポンサーサイト




「ぼくうみ」観ましたよ。すっと入ってきて、深い台詞もあり、何より関心が湧いた。観て良かったです。

ゼロから映画作って上映しちゃうのってすごいなぁ。儲かるはずないでしょうけど、癒される人は少なくないと思うな。

金、金、金、とか 残業、残業、残業、とか そんな人生、確かにもういいや。
【2010/05/01 10:34】 URL | アッカーマン #mQop/nM.[ 編集]

昨日は直前でご一緒できずにすみませんでした。
アタクシがぼくうみで一番泣けたのは、
帰ってこない兄(淳一)の部屋で、弟がぼーっとしながら
小学校時代に兄について書いた作文を回想するシーン。
って、この文を書きながら既に涙が止まらないんですが(笑)。
.
ゼロから映画を作るのも凄いですが、まずは原作ありき、ですよ。
アッカーマンさんとアイちゃんをネタにしたら、すぐに映画作れますよ。
イスチがシナリオと絵コンテ書くから日記帳を提出しなさいよ。
【2010/05/01 16:44】 URL | イスチ #qbIq4rIg[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード