イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
お料理ネタですが、「カリスマ主婦」カテゴリではなく、
今回は「大腸」ネタ。2月21日。画像33枚。


熊谷の中央公民館。今日はイスチ妻とyuiさんも一緒。
100221_71.jpg


目的は、埼玉IBDの会主催の調理実習イベント参加の為。
IBDとは、Inflammatory Bowel Diseaseの略で、
炎症性腸疾患の意味。イスチの持病の潰瘍性大腸炎もこれに含まれる。
100221_72.jpg


埼玉IBDの会には、まだ入会してないんだけど、
昨年の10月に川越の保健所で開催されたIBD患者のつどいに参加
したときに、この会の人と知り合いになったので参加してみました。


集合時間までちょっと時間があるので、ここに来る途中で見つけた、
すぐ近くの教会を見学させて頂きましょう。
100221_73.jpg


熊谷聖パウロ教会。大正8年(1919年)建立。
100221_74.jpg


レンガ。積みなおしてる?この目地は大正のものじゃないでしょ?
100221_75.jpg


せっかくだから中を見せて頂きましょう。
聖堂の中からは、同じフレーズを繰り返し練習するピアノの音が
聴こえます。
100221_76.jpg


お邪魔します。
100221_77.jpg


ピアノの前に座っていたおねーさんにことわって、
中の様子を少し撮影させて頂きます。
100221_79.jpg


梁の金具が良い感じ。
100221_78.jpg


猛禽類。
100221_80.jpg


さて、そろそろ公民館に戻りましょう。こちらの建物、物凄く昭和です。
100221_81.jpg


調理実習室のような部屋に入ると、既に結構参加者が集まってます。
参加費用の500円を払って(埼玉IBDの会の会員はタダ)、
名札に名前を書いて胸元に付けます。
ちなみに、UCとはUlcerative colitisの略で潰瘍性大腸炎の意味。
他にクローン病もIBDの括りに含まれる。クローン病は通称CD。
Crohn's diseaseの略。今日はCDの人が多め。
100221_82.jpg


ちなみにyuiさんは、この部屋に入ってから人見知りMAXモードです。
イスチ妻の胸に顔を埋めたまま、コミュニケーション完全拒否です。
イスチ妻に調理してもらって、イスチは撮影しようかな?
と思っていたのですが、イスチが調理するしか無さそうです。


開会の挨拶?今回の参加者は意外と若め。前回の座談会で結構居た、
子供がIBD患者の親御さんの参加は無さそう。
参加者は10数人で、そこに三雲社という、特定疾患の患者のみで起業された
出版社(CC JAPANという、IBD患者向けの情報誌を出版している)の方が
確か5人くらい参加していました。各々が軽く自己紹介。
100221_83.jpg


さて、今日の食材です。
100221_84.jpg


事前に、2種類の献立の中からどっちにする?的アンケートがあり、
イスチは「Aにする!」と答えておきましたが、
今回はAコースが2班、Bコースが1班の合計3班で調理作業に取り掛かります。


Aコースは以下の3品。
・鮭つくね丼
・中華風レタススープ
・ショコラプリン


Bコースは以下の3品。
・とろろ豆腐の彩りパスタ
・トマトとサーモンのフレッシュサラダ
・やわらかチーズケーキ


ちなみに、この病気には特に症状が酷いときには、
いろいろ食事制限があります。
逆に症状が収まっているときには、意外と何でも食べられるのですが、
一般的に、、、
・脂っこいもの
・牛乳とかの乳製品
・辛いものなどの刺激物
・繊維質が多いもの
は避けるのが無難です。あとはアルコールも。


今回のメニューは、その辺についての配慮が一通り行われているようです。
例えば調理でサラダオイルを使わないとか、
デザートは牛乳の代わりにスキムミルクを使うとか。


でも、この病気の人って下痢しがちで痩せちゃうから、
上記を守りつつカロリーは多めに摂取とか、いろいろめんどくさい。


鮭の皮と骨を取る、の図。
イスチはしょうがをすりおろしました。
100221_85.jpg


叩いた鮭、小ネギ、卵、しょうがを混ぜながら片栗粉を投入、の図。
100221_86.jpg


スプーンでつくねの形状を作って焼いた後、あんかけにからめます。
この辺りでyuiさんがギブアップ状態になったので、
イスチ妻とyuiさんは八木橋デパートに避難。
100221_87.jpg


B班の作業も覗いてみましょう。
パスタにかける長芋×豆腐のペースト作り。
100221_88.jpg


和気藹々?
100221_89.jpg


鮭つくね丼、完成です。刻み海苔とシソでウマそうです。
これはマネできる!今度作ろう!
100221_90.jpg


中華風レタススープ。
ちなみに、レタスって実はそんなに繊維質は多く無いです。
ビタミンCがレモン××個分!みたいな感じに使われるけど、
レモンってそんなにビタミンC含有してないしぃ、みたいな。
100221_91.jpg


こちらはB班の料理。
とろろ豆腐の彩りパスタ。
長芋、納豆、オクラというネバネバ3兄弟。
他にはめんつゆ、梅干も味の主役。
100221_93.jpg


トマトとサーモンのフレッシュサラダ。
カッテージチーズがウマそう。
100221_92.jpg


調理開始から1時間ほどで「イタダキマス」。


お互いの班で作った料理の味を確認し合いながら、
和やかにお食事。基本の「どこから来られたんですか?」的な
話をすると、意外と遠方から来られた人が多くてビックリ。
三重とか新潟とか。マヂですか!


で、三重から来られた方のお土産の「赤福」を全員で食します。
話を聞いたら、元々埼玉でお仕事をされていて、そのときに発病したので、
三重に引っ越した後も月イチで埼玉の病院に来ているらしい。
100221_94.jpg


さて、本来のデザートのショコラプリンですが、
なかなか固まらないので、もう少し待ちます。
備え付けの冷蔵庫が全然冷えないのでいろいろ格闘。


そんな中、三雲社の書籍を拾い読み。
CC JAPANは面白い特集が多そうなので、今度通販で買ってみよう。
100221_95.jpg


さて、固まりました。一時はチョコレートジュースとして
飲むことを覚悟していたのに!
100221_96.jpg


結構しっかり。ゼラチンすげー。
このデザートも美味しかった。今度作ろう!
100221_97.jpg


さて、ごちそうさまでした。
食器を洗って、テーブルを拭いて、キレイに片付けます。


余った食材の配布を行っていたので、こちらをゲット。
スキムミルクとゼラチン。ココアパウダーは、スコーン用に買ったのが
あるから、あとは適当な型さえあれば今日のショコラプリンを再現できる!
100221_98.jpg


最後に集合写真を撮影して、解散です。


再びイスチ妻とyuiさんと合流し、お茶しに行きます。


先日、偶然開拓したこちらのパン屋さん。パーネデリシア
100221_99.jpg


こちらはお持ち帰り用のパン。アソパソマソとトトロのパン。
100221_100.jpg


カフェスペースで軽く食べましょう。
カフェスペースは、地元の中学生のお子様に占拠されていましたが、
(学校のプリントの宿題をこなす3名とPSPに興じる1名とそれにちょっかいを出す1名)
ちょっとずれてもらってテーブル1つを確保します。
100221_101.jpg


こちらが、カボチャのスコーン。くるみが沢山入っていて、
ほのかに甘い感じ。食感も巧みです。素晴らしい。
100221_102.jpg


せっかくここまで来たので、、、


当然ここに寄ります。チーズケーキの終着駅のcots。
この日の買い物で、イスチ妻が持っていたこの店のスタンプカードが埋まりました!
100221_103.jpg


スタンプカードが埋まった特典は、、、


ドリンク無料券でした。てか、お子様連れでは喫茶スペースに入れないんだけど、、、


何このジレンマ。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード