イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
りんご?
100130_21.jpg


冷凍パイシート?
100130_22.jpg


アップルパイを作ってみます。
まずは、パイシート裏のレシピ通りに。
100130_23.jpg


買って来たパイシートは4枚入りですが、今回は2枚使います。
100130_24.jpg


まずは、りんごを12等分にカット。
100130_25.jpg


これをグラニュー糖50g入りのお湯で煮るそうですが、、、
グラニュー糖というと、いつも砂糖で代用してしまいますが、
今回はちゃんとグラニュー糖なスティックシュガーを使ってみましょう。
砂糖の種類は、、、とか調べだすとエンドレスなので、
今度にしましょう。でも、、、和三盆欲しい。
100130_27.jpg


1袋3gなので、、17袋を投入。
100130_26.jpg


レモン汁も小さじ一杯入れるそうですが、、、レモンなんか無いですよ。


んー、これにしましょう。
100130_28.jpg


今年のSpirits新年会でHiLoさんより頂いた「ねずみ男汁」です。
中身ははっさくジュースだそうなので、代用してみましょう。


汁の中身を確認してみます。
加齢臭漂う毛髪や皮脂の混入は、、、ありませんでした。
100130_29.jpg


品質チェック。
100130_30.jpg


品質に問題は無さそうなので、「男汁」を小さし1杯鍋に入れて、
10分煮てみます。
100130_31.jpg


落し蓋は、、、アルミホイル。
100130_32.jpg


さて、煮えました。あまーい香り。
100130_33.jpg


りんごはザルで水気を切って冷まします。
ここで、シナモンを召還。冷める前に振っておきしょう。
上品なシナモン臭の加減がわからないので、今回は少なめで。
100130_34.jpg


次は、パイシートにりんごを並べる工程です。
本当は煮たりんごは冷蔵庫で完全に冷ますのが良いみたいですが、
待てないので人肌程度に冷めたら並べちゃいます。
多分、パイ生地の層状になってるバターが溶けて「パイらしさ」
が損なわれるからだと思います。
100130_35.jpg


用意しておいた卵の黄身を、、、
100130_36.jpg


塗ります。指で。
100130_37.jpg


もう一枚の生地を若干伸ばして被せて、縁をフォークで押さえます。
この工程が、アップルパイ作りで感じるカタルシスのハイライトでしょう。
グッドイヤーウエルト製法の革靴のコバみたいです。
100130_38.jpg


さぁ、焼きに入ります。余った卵の黄身を上に重ねた生地全面に塗ります。
100130_39.jpg


210度で8分、その後190度で8分と、微妙に面倒な指示に従い
焼き上げます。


できました。激しく良い色です。
100130_42.jpg


具見せ。
100130_40.jpg


沼津のTHE BLUEWATERのアップルパイみたいに、
アイスクリームと乗せて頂きます。禁断の冷熱混在スイーツです。
100130_41.jpg


これは、ヒットです。すぐに食いきったので、冷めたらどうなるか解りませんが、
暖かいうちに食べるのがやっぱ美味しいでしょう。


ようつべで「アップルパイ」キーワードで検索すると、
タイトルに「アップルパイ」を含む歌がたくさんヒットしました。


おちゃーのじかーんにぅわたしぃぃは・あっぷるぱいやくーかしら♪



この曲、アウトロが最高!
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード