イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
バンホーテンのピュアココア。
100128_31.jpg


ココアパウダー入りのチョコチャンクスコーンを作ってみます。
バターを粉に馴染ませるまでは、これまでと同じで良いでしょう。
強力粉100g、薄力粉100g、ベーキングパウダー5g、砂糖30gを先に
ポリ袋の中で混ぜて、さらにバター50gを同じ袋に投入し、
しっかり口を結んで、、、
100128_32.jpg


yuiさんに渡します。白い粉をシェイクするときは、
このくらい恍惚の表情で行うのが適当でしょう。
100128_33.jpg


さて、ココアパウダーですが、今回はとりあえず15gにしてみます。
100128_34.jpg


引き続き、ポリ袋の中で混ぜて卵と牛乳で足して100mlの卵液も入れて、
袋の内側に付いた生地が剥がれて一塊になるまでひたすら袋を振り続けます。


さて、こんな感じになりました。


なかなかアナーキーなルックスです。
100128_35.jpg


一旦、冷蔵庫で生地を寝かせて、、、


生地をめん棒で伸ばし、食べやすい大きさにカットしましょう。
今回は、イスチが罫書き線を引いたので大丈夫なはず、、、
100128_36.jpg


スコーンの生地と格闘するyuiさん。



無事、切れました。ココアパウダーがこれまでのレシピにアドオン
されてる感じなので、いつもの生地よりちょっと固いかもしれない。
100128_37.jpg


いつも通り、200度のオーブンで18分。
良い感じです。
100128_38.jpg


ナイフで切った断面。キレイに膨らんでますね。
100128_39.jpg


焼きあがったスコーンを持って外出。
銀行の待ち時間を使って駅前の噴水広場でマッタリ。
100128_41.jpg


自分が作ったスコーンを頬張りながら、不敵な笑みを浮かべる3歳児。
100128_42.jpg


スコーンのお供は、駅構内の成城石井で買ったレモン牛乳。
賞味期限が迫ってて2割引になっててウマー。
100128_40.jpg
スポンサーサイト

嫁に発注したスコーン。
ホームベーカリーでこねたら見事に仕上がりがクッキーに・・・
こねすぎはダメなんですね。
こちらの方法で再発注します。
それにしてもココア入りは素敵な色艶でこねられるのですね。
【2010/01/28 08:15】 URL | yoshizo #-[ 編集]

あら、固めの焼き上がりになったのかしら?
こね過ぎてダメなんて知らなかったけど、
でもアタクシ、過去に米を研ぎすぎて「米粉」にした事があります。
「水が透き通るまで」、「米と米を擦り合わせる様に」
を真に受けて、握力MAXで生米と格闘したのがいけなかったみたい。
ニホンゴムズカシイデス。
スコーン作りのモロモロ、ご質問はエンドレスで歓迎ですよ。
ココア入りスコーンの生地、その適正な水分量と、ソリッドな質感に、
(元)肛門アスリートにとっては、ついつい羨望の眼差しで見つめてしまいます。
【2010/01/28 21:59】 URL | イスチ #qbIq4rIg[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード