イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
track3: Mum / They Made Frogs Smoke 'Til They Exploded 「Go Go Smear The Poison Ivy」より(2007年)



めんめんめん、、、


アイスランド出身のエレクトロニカな7ピースバンド。
mumと書いて「ムーム」と読みます。
おもちゃ箱的で夢見心地なテイストですが、かなり毒が強い。
(グログロなPVを見てもわかるように、、、)
日本盤を買ったので、歌詞の日本語訳が付いてました。
ちょっと読んでみましょう。



 足をもぎとるな / そっと持つんだ / ぺしゃんこにしちゃいけないよ /


 小枝みたいに折ってしまったら / 小さな添え木で手当てして /


 草むらに返してやらなきゃいけないよ /


 子猫の首を折ってしまったら / 体を揺すって生きてるか死んでるか/


 確かめなくちゃいけないよ



、、、もう、何がなんだか(汗)。


アイスランドは、ビョークやシガーロスなどの
ミュージシャンを輩出したことでも有名ですが、
(ちなみにエンヤはアイ「ル」ランド)
北緯60度を超える高緯度にも関わらず、
周囲を海に囲まれ、北大西洋海流(暖流)の影響で、
割と(同緯度の他地域に比べ)温暖な気候みたいです。
ちなみに、アイスランドの首都は「レイキャビク」です。
覚え方は、アイスだけに冷蔵庫だから、、、


「冷蔵庫でキャービックリ」


でレイキャビク。


いや、、、だからレイk、、、


誰ですか!寒すぎて北大西洋海流の恩恵がチャラだよ、とか言ってるのは!






mumを聴くと、いつも竹村延和さんを思い出します。
多分、イスチの一番音楽の聴き方に影響を与えた人。
ボサノバを聴くようになったのも、昔の六本木WAVE(もう無いけど)の企画で、
竹村延和が選ぶ10枚!みたいなセレクトの中に、
アストラッド・ジルベルトのベスト盤が入っていて買ったのがきっかけ。


大学時代に2回大分のライブハウスにDJしに来てくれて(94年&96年)、
最初に会ったときは感動のあまり握手してもらったのは良い思い出。


↓の曲はタイトルに「Toybox」って入ってるぐらいだから、
さらに確信犯的におもちゃ箱リバース系です。耳レイプ感がたまりません。
是非ヘッドフォンで!


この曲が入ってるアルバム(こどもと魔法)がリリースされたのはもう12年前!
(個人的にちょっとビックリ)
ジムニーを運転しながら、
momoのハンドルをガンガン叩きながら聴いたのを思い出します。
メチャメチャ素晴らしいんですが、かなり病的なサウンドなので、
イスチFMへの収録はちょっと無理ですね。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード