FC2ブログ
イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
学習院大学。初めて来た。
20190217_57.jpg


11月3日。
小金井公園で芋煮BBQを楽しんだ後、
片付けもそこそこに私だけ一人離脱し目白駅へ移動。
学習院大学の「桜凛祭」という学園祭にやってきました。


日もすっかり沈んで、学祭を満喫して駅方面へ戻るお客さんも多い中、
キャンパスの奥の方にある特設ステージへ早足で移動。


ステージ周辺に着くと、観客が入るはずのスペースの前には、
まだロープが張られた状態でした。
そこから通路を挟んで、既に長い行列ができていたので、
その最後尾に並んで待機。
そしてステージに向かって右手のこのポジションを確保。
もちろん立ち見です。
20190217_58.jpg


ここに見た目的は、静岡県浜松市在住の高校1年生、
崎山蒼志(さきやまそうし)くんのライブを見るため。
20190217_60.jpg


崎山くんが一気に有名になるきっかけになったのは、
AbemaTVの「高校生フォークソンググランプリ」。
この動画が、6月くらいからYoutubeのオススメ欄に
チョイチョイ出てきていたので、なんとなく見てはいたのですが、
最初は、「おー凄い高校生が居るんだなー」という普通の感想だった。
(今思うともったいない。非常にもったいない。。。)



しかしその後、10月頭くらいにこの動画に出会った。
「ソフト」という曲。浜名湖の夕暮れが一望できるステージ。
崎山くんがまだ中学2年生のとき。



アコースティックギター1本だけの「いわゆる弾き語り」なのに、
バンド演奏のような聴き応え。
そしてこの歌詞。


青が群がって 空を作った頃には


地上の重力が だんだん重くなって


死にたい一人の人間は 重力から逃げて


昔々
  



(なんだなんだ、この不穏な盛り上がり&タメは)




太陽になった 
 (←!!!)


もうなんか、↓こういう衝撃を食らったような気分(笑)。
20190223_1.jpg


誰にもアクセスされたことが無く自分でも把握していなかった、
心の中の未知の領域を、いきなり鷲掴みされたかのような(なんだそりゃ)。


これは会いに行くしかない!と思ったのです。
もう、今見ておかないと絶対後悔する、と。
しかも都内でフリーイベントということであれば、もう行くでしょう、と。


ステージ前のスペースで期待が高まる中、しばし待機。
そんな中、辺りはほんのり小雨模様に。
運営ルール上、ステージ前では傘はさせないルールだったものの、
それでも暖かい日だったので、肌寒い思いはせずに済みました。


ステージ周辺の照明が、空からゆっくり舞い降りる水滴や、
キャンパスの木々を柔らかく照らし、ちょっと幻想的な雰囲気。


BGMはU.F.O.の「Loud Minority」が繰り返し。
U.F.O.好きだけど、この雰囲気にはちょっと合わない(笑)。


さぁ、ほぼ予定時刻に崎山くん登場。
Youtubeの動画で見慣れたブルーのオベーションを携えて。


夏至→ソフト→旅の中で→五月雨→国、の5曲。


最初から鳥肌立ちっぱなし。
初めて行くライブで、全曲の曲名がわかるってなかなか無い。
しかも、この時はまだ3曲入りCDを1枚しかリリースしていないし。


難しそうなコードチェンジとミュートをキメまくる左手と、
速く柔らかく動く右手。骨入ってる?と心配になるくらいしなやかな動き。
そして少年らしさも残しつつ、特徴的なビブラートを効かせた声。


やっとライブに来れた、本当にこの少年は実在するんだ、
そんなことを思いながらのあっという間の約30分。


ステージが終わった後、先述の3曲入りCD1000円と、
サイン入りポストカードゲット。
崎山くん本人と握手もできて、ひとりおかしなテンションに(笑)。
20190217_59.jpg
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード