イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
さて、実家に着きました。
手土産は、「つばさ」ブームに便乗した、
くらづくり本舗の「夢みるつばさ」です。
090429_17.jpg


8つ入りでちょうど0.1諭吉。
090429_18.jpg


中はこんな感じ。
芋餡と塩味が特徴の塩こし餡を包んだ一口サイズの餅菓子、との事。
この値段で手作りな訳はありませんが、正直、味は微妙です。
きよしタン、、、
090429_19.jpg


さて、昭和の日で入場無料な御用邸に行ってみましょう。
090429_20.jpg


松の樹皮とご対面。
090429_21.jpg


雄花がびっしり。
090429_45.jpg


新芽もニョキニョキ。
090429_44.jpg


「ちょっとした物産展」がやっているという話でしたが、、、
「ちょっとし過ぎ」のようです。テント3つくらいしかありません。
090429_22.jpg


見慣れたアジの干物、お茶、みかんの缶詰の他に、
目新しいものを見つけました。
090429_23.jpg


早速買ってみました。戸田塩というのは、2005年に沼津市に編入した
「戸田(へだ)村」の自然海塩の事だと思います。
んで、それを使ったジェラートですか。
本格的過ぎず、程よいプレミアム感・ボリューム感・値ごろ感で、
なかなか狡猾な商品企画ですな。
090429_24.jpg


ちょっと緑色っぽい感じ。着色料は入っていないようですが、
何の色でしょうか?キレイな色です。
別に塩辛い訳ではなく、まろやかな味わい。
もっと暑い時期に「汗で失ったミネラル補給用途に使えるジェラート」、
という切り口で売り出しても良いかもしれません。
閉場寸前に行った為、他のテントも含めかなり商品は少なかったですが、
数量限定でアジの干物のライスバーガーが試験販売されてたみたい。
090429_25.jpg


マッタリとジェラートを食べていると、どこからか男の子がやってきました。
最初はYuiさんと並んで座って良い感じでしたが、変に意識し始めたのか、
はにかんだ感じで我々の周りをぐるぐる走り回り始めました。
その思考ルーチンは分からない事もないですが、
Yuiさんの視線は氷のように冷ややかです。
090429_26.jpg


邸内の海際を回って西邸に回ってみましょう。
090429_28.jpg


こんな案内がありました。なんかヤラしい感じです。
水産加工業者の排水により腐臭漂う塚田川の水が
牛臥海岸にモロに流れ込んでいますが、、、
ちなみに、静岡県内では他に南伊豆の弓ヶ浜が挙げられています。
御前崎周辺とか三保の松原は完全スルーですか。
090429_27.jpg


西邸の建屋に潜入です。
建物内部を普通に見学できるようになったのは、
割と近年になってからだったはずです。
090429_29.jpg


パっと見は質素な感じですが、
電球のシェイプ、フィラメントがやたら長い感じとか、
窓ガラス表面のうねうねした感じが、
維持管理の高コスト体質を偲ばせます。
090429_30.jpg


090429_40.jpg


厨房?です。結構広い。
090429_33.jpg


上段に氷を入れて使う冷蔵庫でしょうか?
金具の意匠に萌えます。
090429_34.jpg


昭和天皇が幼少の頃に使っていた三輪車のレプリカ。
あら、良い感じだわ。ロヂャースで売ってるかしら?
090429_31.jpg


昭和天皇が3歳のときに書いたという軍艦の落書き。
その年で軍事萌えとなるべく、刷り込みがあった、という事でしょうか。
なんか微妙です。気持ち良い感じはしません。
090429_39.jpg


居間、みたいです。和洋折衷ですな。
090429_41.jpg


電灯のスイッチでしょうか?
スイッチ本体の円と同心円となるように弧を描いた金属のプレートとか、
地味に趣向が凝らされています。
090429_43.jpg


ビリヤードもあります。
当時はめちゃめちゃハイソな遊びだったのでしょう。
090429_42.jpg


ちなみに廊下も畳敷きです。
090429_36.jpg


アナタ、寝ないで下さい。
090429_37.jpg


Yuiさんもそろそろ飽きましたかね。帰りましょう。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード