FC2ブログ
イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
グラブルさん宅午前4時集合。
20180628_1.jpg


5月12日。
毎年春の恒例行事のタケノコ掘りでお馴染みのグラブルさん宅に早朝集合。
イスチの場合、当日移動だと間に合わないので前泊させて頂きました。


グラブルさん所有のメルセデスベンツE320CDIに、
ブラッディーさん、たなボタさん、イスチも一緒に集約乗車。
これから2泊3日の四国旅行。


圏央道から東名、その先もずっと高速道路を乗り継いでひたすら西へ。
琵琶湖のほとりの大津SAで滋賀朝宮茶ソフト(360円)を頂きました。
20180628_2.jpg


六甲大橋を通過中。これから淡路島に上陸!
20180628_3.jpg


しかし良いお天気です。吸い込まれそうな青空をバックに、
キューバの街角に居そうなビンテージなアメ車が悠然とドライブ。
フロントシートには、絵に描いたようなイケメンお兄さんと、
美しくも物憂げにスマホを眺めるお姉さんが並んでクールに乗車。
あちらからすれば、こちらは絵に描いたようなオッさん4人が、
1台のセダンの中でウキャウキャしているように見えたことでしょう。
20180628_4.jpg


鳴門大橋通過中。うず潮もチラ見できました。
地元の有志が「湯もみ」みたいに人力で渦を作ってるのではない事を確認し、
激しく感動しました。



そして四国に上陸。そろそろお昼どきです。
徳島市の三八(さんぱ)というお店で「ばら肉ラーメン」を頂きました。
20180628_5.jpg


麗しの黄金スープ!おいしゅうございました。
店内は観光客よりも休日ランチを楽しみにやって来た家族連れが多め。
20180628_6.jpg


ここからは、室戸岬方面へ向かいます。
基本的に国道55号をずっと南下していく感じですが、
ナビの指示に合わせて少し内陸側の道を使ったり。
徳島市内を抜けるまではそこそこ渋滞。
20180628_7.jpg


80kmほど南下し、高知県に入ってすぐのところにある、
阿佐海岸鉄道阿佐東線の甲浦(かんのうら)駅に立ち寄り。
20180628_8.jpg


目的は、線路のはじっこフェチのイスチさんの眼福のため。
20180628_10.jpg


いわゆる「ヨの字型」の頭端式ホームの本川越とか東武宇都宮みたいに、
「そのエリアで一番大きい商業地だから、もうそこで終点として、
ついでに系列の百貨店も併設した上で線路と改札を平面配置して
沿線住民のお買いものの利便性を最大化する!」
というモチベーションではなく、少しでも線路を延伸して
「最寄り駅から徒歩XX分」のブランドが欲しい周辺の地主の切ないまでの
情熱と、メンテナンスと維持コストも含めた費用対効果で「立ち枯れた線路」
を美しい自然の残る地元地域に放置したくないという、
運営者側のギリギリのせめぎ合いを想起させ、鼻息フガフガしまくりでした。


しかし、ここから先の延伸は諦められた訳ではありませんでした。
DMV(dual mode vehicle)というレールも道路も走るバスの運用が
計画されているそうです。過疎地の交通サービスの
ケーススタディーとして興味が尽きないのです。
20180628_9.jpg


ここからはイスチが運転。
初めて運転する大型セダンですが、田舎の一本道なので比較的安心。
そして太平洋に大きく突き出した室戸岬に到着。
北緯33度14分34秒。
20180628_11.jpg


タービダイト層、という海底の地層がペロンと露出しているそうです。
20180628_12.jpg


豪快に出ています。すばらしい。ペロンペロン。
20180628_13.jpg


室戸岬を離れ、太平洋沿岸を西へ。
土佐南国鉄道ごめん・なはり線の奈半利(なはり)駅に到着。
かなりの高架駅。津波のときの避難拠点という意味合いもありそうな。
20180628_14.jpg


ここでも線路のはじっこ眼福鑑賞会。
四国に6つしかない頭端駅のうち、1日に2つも見られて幸せ過ぎました。
残りは高松、鳴門、宿毛(すくも)、宇和島の4つ!
20180628_15.jpg


こちらの駅では、列車の到着も見ることができました。
20180628_16.jpg


車内はこんな感じ。京急みたいなふかふかシート。
これに乗って私だけ高知市方面に向かっても良かったけど、
スマホのバッテリー残量が心許なく、迷子になる可能性があったので断念。。。
20180628_17.jpg


そして高知市のビジネスホテルに到着。
20180628_18.jpg


チェックイン後、夕食に繰り出します。
はりまや橋交差点付近にて。
ひときわ高くそびえる煙突のようなものに掲げられた、
「清岡サンゴ店」のネオンが昭和の旅情。
20180628_19.jpg


「土佐の一風」という居酒屋さんに入店。
お約束のカツオのたたき。ポン酢じゃなくて塩!
しかも分厚い!通勤電車のドア並みに厚い!
お荷物お体お引きください!ドア締まります!
20180628_20.jpg


そして高知の日本酒の代表格の「酔鯨」。
おかわりしまくりで幸福な酔い。
20180628_21.jpg
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード