FC2ブログ
イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
受験会場の富山県立大学。
20170830_2.jpg


先の記事で書いたように、今回のTOEIC受験会場の最寄り駅で降車したら、
アホのような豪雨。屋根の下でも風で雨のしぶきが強力に吹き込む感じ。
待ち時間のありそうなバスの時刻表を見ていたオニーさんをナンパして、
2人でタクシーに乗車。


話を聞いたら富山大学の学生さんのようでした。
こっちでは、国立大学の方の富山大のことを「とみだい」と言うらしい。
大分大学を「ぶんだい」と呼ぶのと同じノリですね。


富山県内のTOEIC受験会場は、富山大か富山県立大のどちらかしか
ないはずなのに、なんで県立大になったんだろう。。。
というようなことを話しながら会場に到着。
タクシー料金は1020円だったので、20円だけご負担頂きました。


そして、2時間みっちりとマークシートに向き合って、キャンパスを後にします。
その頃にはすっかり雨は上がっていました。
歩いて小杉駅に戻りましょう。


駅から中途半端な距離のところに、良い感じの商店街を発見。
千成(せんなり)商店街。
20170903_52.jpg


良い感じの商店街には良い感じの看板が。
軽く斜体が入りつつ直線と曲線が美しく融合した「パーマ」の文字と、
筆画のチクチクしたエッジと黒の縁取りのバランスが力強い「カット」の文字。
これが無理やりひとつのアクリルの箱の中に収まっている感じがナイス。
特に、「カット」の文字は、1970年代の「週刊少年ジャンプ」のロゴのよう。
20170903_51.jpg


そして富山駅前のホテルにチェックイン。
広告のステッカーが窓に貼ってある部屋を選んだら、
他より少しだけお安かった。朝食付きもうれしい。
20170903_53.jpg


さて、この後は風呂->飲み、の流れです!
しかし、日曜日の夜なので、チェーン店じゃない居酒屋さんは
お休みのところが多め。
それでも日曜日もやってる良さげなお店はチェックしていたのですが、
大学から小杉駅に歩きつつ予約の電話を入れたところ、
既にこの日は予約だけで一杯、との事。
おひとり様だから大丈夫だろう、と思っていたのですが、うーん、残念。


仕方ないので、ホテルのフロントでオススメのお店の情報をゲット。
予め印刷してあるお店の他に、手書きで3店舗ほど追加も。
20170903_54.jpg


さて、ホテルには富山駅が見渡せる大浴場もありますが。。。
20170903_55.jpg


まだ時間も早いのでスーパー銭湯に行ってみましょう。
富山地方鉄道に乗って2つめの駅で降りてすぐ、の立地らしい。
20170903_57.jpg


しかし、この鉄道会社、なんかおかしいです。
鉄道博物館がついでに旅客営業もしてます、みたいなノリ。
なんなんでしょう、このレトロフューチャーな車両。
昭和フレーバーにも程が有ります。
20170903_56.jpg


途中の駅は木製のホームだし。。。
20170903_60.jpg


多分、無人駅で降りる人の為なのでしょうが、
なんだか見方がよくわからない料金表。
段々現実感が乖離してきて脳内が楽しいモードに入ってきました。
20170903_61.jpg


スーパー銭湯に到着。いわゆる温泉じゃないけど、
巨大な岩風呂でのんびりできました。
露天風呂に、英語じゃない外国語を話す白人親子がいるなー、
と思っていたのですが、「日ロ地域間会合が富山で開かれました
というテレビニュースを翌日に見たので、もしかしたらロシアの方かもしんない。
とりあえず地方都市なので、横浜より外国人に逢う確率はぐっと低い印象。
20170903_58.jpg


入浴後、ゆっくり生ビールを頂きました。
20170903_59.jpg
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード