イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
あけましておめでとうございます。
2017年1月1日の富士山(右)と牛臥山(左)。
20170123_1.jpg


本ブログ、なんとか2月になる前に2017年に入りました。
2016年のポチ袋はたーくんとコラボしましたが、今年は内製しました。
20170123_2.jpg


2016年もお陰様で概ね良い年でした。
自動車の買い替え北海道旅行などのまとまった出費もありつつ、
特許初出願や、リーンシックスシグマという品質管理手法の
取り組みで一定の結果を出せたりなど、仕事も充実していました。


下のグラフは2016年の睡眠時間の記録です。
忙しくても平日の退社時間を意識的に早めるようにして、
睡眠時間が足りなくならないように気を付けたつもりです。


その方が朝起きるときにストレスが少なく、
昼休みもぶっ通しで仕事できて、夕方に良い感じに疲労感が
やってくる感じで体調を維持しやすい気がします。
グラフ縦軸が時間です。


データ欠落日:8日(有効データ日:358日) 。
通年平均:7.78時間 、最小4時間、最大14時間。
20170126_1.gif


月ごとの平均と、週平均の比較。
やっぱりグラフ縦軸が時間です。


土曜(の朝)が一番睡眠時間が長くて、火曜が一番少ないのは
まぁ納得です。


5月から12月まで、ほぼ右肩上がり。
実は今年の6月から近くの市営のスポーツセンターで自己流で
筋トレを始めました(主に平日の夜)。
これで睡眠の質と量が上がった気がします。
20170126_2.gif


布団に入る時間も以前より早くなって、
肩こりや首のこわばりなどで仕方なくスーパー銭湯とかのマッサージ
に頼る機会もほとんどなくなり、なんか良いことだらけです。


あと、今年の夏に手荒れの具合が意外と良かったのはこれかもしれない。
筋破壊後に肌にも良いホルモンが出るらしく、その辺の恩恵かと。


持病の潰瘍性大腸炎への影響が心配でプロテイン(乳清とかが原料)
とかサプリとかには手を出していませんが、
毎食のタンパク質の量は少し気にするようになりました。


見た目はほとんど変わらないものの、筋肉の持久力の向上は実感しています。
ビールやらワインやらを両手いっぱい買い込んでも、横浜の住宅地
のエグい登り坂を立ち止まらずに登り切れるようになりました。
それに以前の自分であれば、平日に有給取ってひとりで登山しよう
なんて思わなかっただろうし。


食事についてですが、秋冬は凝った料理は全くやりませんでした。
いつもの、豚バラ肉と野菜の蒸し焼きをポン酢で食べるやつと。。。
20170123_3.jpg


鶏ムネ肉と野菜のトマト煮。これをひたすら交互に食べ続けました。
野菜は基本的になんでもアリなんでしょうが、白菜とか小松菜とか
長ネギとかが多め。炭水化物はじゃがいもなどで時々。
20170123_4.jpg


トマト煮はタマネギとかニンニクをみじん切りにする意欲も無いので
レトルトソースを使用。カゴメかモランボンの使い切りパック。
ただ肉と野菜の上からかけるだけ。葉物野菜が崩れないように
あまり煮込まない方が美味しい。
20170126_3.jpg


ムネ肉は1枚(300~400gくらい)を買ってきて、
一口サイズにそぎ切りにして多めのゴマ油で下焼き。
塩麹とかに漬け置きしてジューシー感を出さなくても、
これで充分美味しいと思います。冷蔵庫も小さいし。
何より安いし、タンパク質多め(1枚食って60~90gくらい)だし。


そういえば2016年の書初めは「鶏ムネ肉」でした。
自分で自分にステルスマーケティングされた感じです。


そして2017年も書初め会を開催。1月4日。
Neccoは3日まで休業で、週末だと7日とか8日なってしまうので、
4日に有給取得して参加(笑)。まぁ、出社してる人も少ないので
遠慮なく休めるのですが。
20170123_6.jpg


今年も睡眠時間は毎日記録して、
引き続き注意深く体調管理を続けたいと思います。


そして筋トレも。
睡眠と筋トレで良いホルモンを出していきたいな、
ということで今年の書初めは、こちらにしました。
20170123_5.jpg
スポンサーサイト

素晴らしい自己分析!!

【2017/01/26 21:30】 URL | レッド #y/MN7pSg[ 編集]

> レッドさん
うふ(はぁと
【2017/01/27 19:46】 URL | イスチ #qbIq4rIg[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード