イスチの減速するブログ
カングースタイル(仮)
今年で13作目。 まだまだ続けます。


今回も8曲。
曲の中の音のイメージの一部を、
全然違うジャンルの次曲に連続させるような、
そんなことを意識しました。


1. META FIVE/ Threads
2. ミツメ/ cider cider
3. Alfred Beach Sandal/ Dynamo Cycle
4. Go Go penguin/ Wash
5. Toro Y Moi/ Say that
6. Celso Fonseca/ Like Nice
7. Miami Horror/ Love Like Mine (feat. Cleopold)
8. Novos Baianos/ Cosmos e Damiao


●Track1:META FIVE/ Threads
 「META」より(2016年)



今回選んだ曲は動画サイトに無かったので、
同じアルバムのリードトラックを貼ります。


高橋幸宏さんが居て、小山田圭吾、砂原良徳(まりん)、テイトウワが
共存しているおじさん6人組みバンド。
平均年齢は47、8歳くらいだそうです。


各メンバーが2曲ずつ持ち寄った全12曲。
交換日記のようにメールのやりとりで音を足していくような。
ちなみに、今回選んだ「Threads」という曲は幸宏さんの曲。


セルフロデュースでソロアルバム出す人の集まりだけど、
自身の作品をコンセプトから作り込むより、ずっと気軽にアイディア出し
しているような感じで、独特の闊達とした風通しの良さと、「いまの音」
としてのほど良い塩梅。
そして何より1枚目のアルバムっぽいテンションの高さ!


●Track2:ミツメ/ cider cider
 「eye」より(2012年)



偶然Youtubeで見つけて好きになりました。
全員20代の4人組インディーズバンド。
メジャーデビュー前のスピッツみたいだな、というのが第一印象。


スキマたっぷりの音作りが心地よい。
あと、この曲はサビに相当する歌メロが無い。
歌詞もどこか俳句を詠んでいるような。
「ウォゥイェ~」とか言いそうもないし(笑)。


でも、素朴でシンプルなだけじゃなくて、
粗さを残したリバーブの処理はかなり多彩な感じ。


こちらのインタビュー記事によると、ローランドのRE-201という
テープエコーを使ったりしているようです。



なにこれツマミぐりぐりしたい!
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カングー

Author:カングー
機嫌よく都合よく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード